ワタクシゴト。

好きなもの 思ったこと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡の人 真保裕一

先日、こちらの地方では、みぽりんの何年振りかの映画の初日に合わせて
ドラマ眠れる森が放映してまして・・・
私の残念な記憶力のおかげで、全然忘れてたのでけっこう楽しんでたんですが

これ、たしか奇跡と同じ時期にやってたんだよなーと、
貧弱な割にそういうことは覚えている記憶力でして
ああ、みぽりん、12年前なのにぜんぜん変わってない・・・・ソレニクラベテ
なんてね、ついつい、あは。自分を棚のものすご~く高いとこに上げつつ。


そしてこのところ毎晩夢中でページをめくってたのが、や~~っと読んだ、こちら。

奇跡の人 (新潮文庫)奇跡の人 (新潮文庫)
(2000/01)
真保 裕一

商品詳細を見る


31歳の相馬克己は、交通事故で一度は脳死判定をされかかりながら命をとりとめ、他の入院患者から「奇跡の人」と呼ばれている。しかし彼は事故以前の記憶を全く失っていた。8年間のリハビリ生活を終えて退院し、亡き母の残した家にひとり帰った克己は、消えた過去を探す旅へと出る。そこで待ち受けていたのは残酷な事実だったのだが…。静かな感動を生む「自分探し」ミステリー。



言わずと知れた原作です。

もめたとウワサの、原作です。

いや、こりゃもめるよね・・・・設定ぜんぜん違うじゃん。
これは”原作”じゃなくて”原案”だよ。
同じなのはかつみとさとことやすこの名前くらい・・・

この話の好き嫌いは別として、話としての完成度はやはり高い。
ドラマは各所につっこみどころがありましたが
これは、最初から最後まできちんとこの小説の中で完結している。
もーこれは別の話だな、ということで読みました。

母の日記以外は克己の目線で書かれているからモノローグが多くて、実際の動きが少ない。
それでも小説としては面白いのだけどこれを
10回のドラマにしようと思ったら平坦でつまらなくなるのかもね。
それと、この小説の中の克己をそのまんまドラマ化したらただのストーカー男になりかねません。
あれだけの熱狂を産まなかったこと請け合いでしょう。
私もこの克己にはイマイチ共感できなかった・・・後半聡子のストーカーと化していきます。

で、やっぱり・・・・

これ、見たくなるよねえ・・・・・。
見ないけどっ←やせがまん

奇跡の人 DVD-BOX奇跡の人 DVD-BOX
(2003/04/23)
山崎まさよし松下由樹

後半、なんかが乗り移ってるよね


ドラマといえば、こんなニュースが載ってました。→



スポンサーサイト

*Comment

 

あー、これはドラマに膨らませるのは大変ですよね。私、当時は見ていませんでした。「原作で揉めてる胡散臭いドラマ」と思ってまして。(←激しく後悔)
しかし見始めるとノンストップ。当時一週間待ってた人たちは待ち遠しかったでしょうね。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2010.02/14 10:13分 
  • [Edit]

 

原作とそんなにちがうのですか~?
知らんかった!っていうことで、こりゃ図書館にないだろうと、アマゾンぽっちって、押してしまいました!
読むのたのしみです!
  • posted by ぴょん 
  • URL 
  • 2010.02/14 23:23分 
  • [Edit]

たまさん 

原作でもめてるのって有名だったんですね!
ぜんっぜん知らなかったです。
ほんと、原作はドラマにはなりにくい話ですよね。

そして、まーこの3カ月は大騒ぎでしたよ、私が。笑
ああ、見たい・・・・でも無駄にがまん・・・。
  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2010.02/15 23:11分 
  • [Edit]

ぴょんさん 

ポチっと、ぽちってしちゃったんですよね・・・
今日ね~~~~黄色いとこで見かけたんですよ、最安値で。笑
ああ、ぴょんさんに連絡したいっと思いましたが、コメントすでにいただいてて
もどかしかった・・・。
でも面白かったので、これをまさよしがやったらどうなるだろうなどと
思いつつ楽しんでください^^
  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2010.02/15 23:14分 
  • [Edit]

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆう

Author:ゆう

本日の名言

いつでも里親募集中

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。