ワタクシゴト。

好きなもの 思ったこと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禅僧のことば

禅の思想は、
「何も考えないこと。」
日常においても、目の前にあることを真剣に、一心に打ち込む。
それが禅の修行になるのだと。


日曜日、何気なくつけてたNHKでやってた。

104歳の禅僧(幼い頃両親が他界し、永平寺に預けられて以来93年!)
がたっぷりの間を取って話された言葉が頭にこびりついて離れない。

自然はすばらしい。

誰に何か言われるわけでもなく

時期がきたら、きちんとやってきて

誰に見られてるとか評価とか関係なしに

人が誰一人こないようなところでも

ただ、なすべきことをして

なにも言わんと去ってゆく

それが真理だ


座禅とは、まっすぐに座るということだ

右にも傾かない

左にも傾かない



人間は欲が深い生き物だ

その欲を克服せんといかん

欲望のままに生きてはいかん



禅ってわからないんだけど、気になる。何度聞いても何を読んでも分からないんだけど
引きつけられる。

さてなにも考えない、というのを実践してみようと、以来格闘中です。
いやでもそれができるもんじゃないんですよ。
音楽も聞かずラジオもテレビもつけず。静かな中で料理する。
ごぼうを洗う。
ごぼうの泥を洗うときは、ごぼうの泥を取り除く、ということだけを
無心にすればいいのだけれど
「あー今日はまだ月曜かあ」だの「うわ、ここキタネー。でも見ないふり・・・」だの
「それにしてもこないだのポニョはいったいどういう意味があるんだ」だのと考え始めてしまい、
気がついたら全然集中していないのです。
沈黙であればあるほど、ぐるぐる回っちゃう。
ならばラジオやテレビがついてたほうがいいのかというと
テレビなんて映像にひきずられちゃって全然料理に集中できなくなっちゃうし
ラジオは聞きながらやはりあれやこれやとツッコミ入れて際限がない。

料理番組が見ていて楽しいのは、
料理という、すこぶる日常的に存在するもの(特に主婦にとっては)に
集中しているさまを見るのが新鮮だから。
そうやってていねいに料理されていく食材は本当においしそうに見える。
あれはカメラ技術とかというより、その食材を精いっぱいおいしくいただきたいという
愛情に裏打ちされてるんじゃないのかと。


何も考えない、
というの、身につけられたら楽なんじゃないかなあと思うんだけど
楽になりたいというのがもう煩悩っすよね!

この禅僧は4年前に亡くなったそうです。


禅がわかる本 (新潮選書)禅がわかる本 (新潮選書)
(1996/07)
ひろ さちや

分かった気にはなれた、かも

スポンサーサイト

*Comment

おくればせながら 

無心・・・・
煩悩だらけの私には、一番難しいです~
ごぼうを、無心で洗う!

無になるということは、今やってることに、一心に打ち込むなんですね。
それには、料理や掃除、が一番入りやすいのかも、、、だから、修行僧は、掃除ばっかりやらされる。家事を家族のためにこなす事は、禅の第一歩なのかなーーーーあーーー早くも失格です!
  • posted by ぴょん 
  • URL 
  • 2010.02/14 23:19分 
  • [Edit]

ぴょんさん 

> 無になるということは、今やってることに、一心に打ち込むなんですね。
> それには、料理や掃除、が一番入りやすいのかも、、、だから、修行僧は、掃除ばっかりやらされる。家事を家族のためにこなす事は、禅の第一歩なのかなー

そう、まさにそう!
そのまんまのことを番組でお坊さんが話されてましたよー。
生活の中でも、禅の修行はできますって。

でも、頭で分かっててもなかなかできないよね・・・無心なんてさあ。
まあ一朝一夕にできるはずはないと思うけど・・・
「ぼー」なあの人は、できてるかもしれないね!

  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2010.02/15 23:08分 
  • [Edit]

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆう

Author:ゆう

本日の名言

いつでも里親募集中

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。