ワタクシゴト。

好きなもの 思ったこと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンスランバー

朝9時15分から始まるというので、チビをわざわざ幼稚園まで送ってから行きました。(いつもはバス)


なにに惹かれたって仙台オールロケ、というのだったわけです。
いやあ、懐かしかったなあ。
地名も映りこんでたし、これはここの街、そこからここに行ってここまで逃げて、なるほどそれでここね
なんて頭の中で地図を描きながら。
なまじ街を知っているので面白かったです。
街中と、住んでた地域以外は分からなかったけど。
ローカルな番組もあったりなんかして、なんかね、伊坂氏の仙台愛が伝わってきました。

物語は、評判がなかなか良いので期待してたけど・・・・・・


よかった!


感動しました。
人間、最終的にその人のそれまでの生きざまがモノを言うんだなあと。
築き上げてきた人間関係が力をもつんだなあと。
学生時代の友人って、いいよね。
人生になんのしがらみも足かせもなかったころの友人との思い出って
年をとればとるほど貴重だなあと思える。
世代的にもちょうど同世代なんで感情移入しやすかった。

コイツにはそんなことできないよ、って
犯人に仕立て上げられた堺さん扮する青柳の昔の仲間はみんな思うんだけど
旧友や知人や同僚の、信じあう気持というのが核になってる。
みんな凡人で弱くて、矢面に立つ勇気なんてないんだけど、なんとかしてあげたいという善意が
国家とか権力とかと戦うエネルギーになってる。

よくあるミステリーものって
誰も信用ならないというか、誰が犯人か分からない、みんなあやしい、
みたいなタッチがけっこうあるけれど(映画みたいに大掛かりであればあるほど)
実際のところ、本当に友達がこういうことになったら、
「イヤまさかアイツじゃないでしょー」と報道を疑うのがホントかもしれないなと思いました。
特に堺さんのキャラが・・・苦笑いさせたら日本一。笑

イメージって怖いなあ、と。
だいたいの人間は、それほど興味がないことであれば、
簡単に頭の中で区分けできちゃう単純なことばで世の中のいろんな事物を分けてく。
でもものごと、そんな単純じゃないんだよね・・・。
有名人でもなんでも、パブリックイメージってたいてい実像とかけ離れてるし。
(ほら物静かでバラード歌手なYMさんも)
けっこうこの国は情報操作が簡単なんじゃないかと思います。
世間の論調に呑まれないようにしなきゃーと、あまのじゃく決意を新たにしたのでした。

話としてはまとまりすぎ、できすぎ、小道具ぜんぶくまなく役立ってるし、
なんかムダがなさすぎ・・・
と思わなくもないけれどそこはまあ映画だしね。それが気持ち良いんだけど。
そしてせっちゃんの歌声が映画のセピアな雰囲気にハマってすごくよかった。
最後の曲も「ロックだね」。

原作読みたくなりました。
きっとあやふやな感じで終わった犯人像とか、青柳の背景とかもうちょっと分かるよね。
でも、この人の作品は読み終われたことがない・・・笑
図書館で予約しようかなあ・・・。

ゴールデンスランバーゴールデンスランバー
(2007/11/29)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る



ところで、映画も佳境に入りのめりこんで見ていたら、
息子が去年まで通っていた幼稚園が映ってた!
すぐ目と鼻の先でロケしてた!
あ、あんなとこに堺さんが。笑

思わず身を乗り出してしまったとさ。
思わず旧友にメールしてしまったとさ。

親類縁者のいない、思い出の土地。
簡単に行けないと思うからこそ懐かしい。

仙台に転勤で行ったことある人とか、見るといいよ。わりとくまなく映ってるから。

そこが一番のコーフンポイントだったのでした。。。
スポンサーサイト

*Comment

 

映画おもしろかったんだ~私は本でよみました!
ダッダーって、読めちゃうよ!
引っ越したなつかしい場所がでてきたら、なおさらだよね~!
私は、いつも通ってる病院が月9のコードブルーの舞台なので、こんな医者いるかっv-217て思いながら、この廊下!レントゲン室!って、はまって見ております!山ピーは目の保養になるしね~v-237
  • posted by ぴょん 
  • URL 
  • 2010.02/03 22:26分 
  • [Edit]

 

コレ評判よさそうですね。
私は原作を読んだんですけど、ラストが想像してたのと違ってて「あれ~?」(笑)
こういうストーリーだと最後は真相がはっきりして「正義は勝つ」となるものだと思ってたので。
でもスッキリ解決しない方が却ってリアリティあるのかも。
今の世の中、スッキリ解決することの方が珍しいような…(~_~;)
息子さんの通ってた幼稚園が映ってるんですね!
観ることがあれば確認します!
  • posted by ちょこ 
  • URL 
  • 2010.02/04 00:46分 
  • [Edit]

懐かしい風景。 

私も見てきたよ~、仙台。
趣旨が違うね。
先入観なしがよかったのかストーリーに引き込まれました。
情報操作って簡単にできるもんなんだなって
そして、イメージが大事ってね。

仙台の風景。
もう、住まなくなって25年は経つのに
空気感、雰囲気が感じ取れた。
そして、八木山動物園とベニーランドに行きたくなったよ。

ヤンヤンヤヤ~ンって口ずさんでしまった(笑)
  • posted by みち♪ 
  • URL 
  • 2010.02/04 09:06分 
  • [Edit]

 

かなり評判いいですもんね~。
やっぱり観に行こうかな。今日レディースデーだし、堺さん好きだし。
仙台はむかーし、むかし、出張で3泊4日しただけなんですけどすごくいい街だな~って好印象なんです。

  • posted by koge 
  • URL 
  • 2010.02/04 09:56分 
  • [Edit]

 

原作を読んだ時から映画化を待っていました。
同じく原作を読んだ娘と主役を予想していたんですが、堺さんってイメージにぴったりですね。映画館で観たいなぁ。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2010.02/04 19:03分 
  • [Edit]

ぴょんさん 

面白かったですよ。伏線がいろいろ張られてるんでもう一回見たいくらい。

本は予約しました。30番目だってー
いつになるやら。(でも買わない。笑)

あはは、コードブルーみたいな医者がたくさんいたら
いいような、ちょっと怖いような・・・笑


  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2010.02/05 10:02分 
  • [Edit]

ちょこさん 

評判いいみたいですね。
小気味よく見られました。

映画では犯人が分からないというか最初から分かってるというか。笑
ラストの”犯人側”のセリフと決着のつけかたで、一応の真相は推測できるように
なってます。明るみにするより余韻があるかも。
ほんと、すっきり解決することなんて珍しいし
もしかしてすっきり解決した!と思ってるだけで、”情報操作”させられてる
こともけっこうあるような。

幼稚園はねえ、分かる人しか分からないです。
てかたぶん分からないと思う。
ものすごいうっすらなんで・・・^^;
  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2010.02/05 10:05分 
  • [Edit]

みち♪さん 

あは、そうなのよ、趣旨が違う!笑

楽しかったよね。
イメージは怖いですね。今の時代の一番の難敵かもしれない。
イメージ戦略ってあるけれど
知らず知らずのうちに、
私たちも大部分そのイメージってやつに左右されてるのかもしれないなあと。。。

ベニーランドのCMソングって仙台では有名なんですよね。
私はあんまりひっかからなくて・・・あまり覚えてませんでした^^;
ベニーランドにはとうとう行かなかったなあ。
でもほんと懐かしかったです。
  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2010.02/05 10:09分 
  • [Edit]

kogeさん 

堺さん好きなら行くべきよっ
堺さん満載です。笑
あと竹内結子はセピア映像が似合うなあ、と。
堺さんって私より年下なのはちょっとびっくりしました。
なんとなく40過ぎてる気がしてたので・・・

仙台の街中の美しさというか緑の多さが分かります。
一番いい季節にロケしたらしいけど・・・。
  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2010.02/05 10:12分 
  • [Edit]

たまさん 

たぶん映像化されることを考えて原作書かれたのでしょうね。
堺さんぴったりでしたか。
ほかの役者さんもいい人揃いで面白かったですよー

  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2010.02/05 10:13分 
  • [Edit]

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆう

Author:ゆう

本日の名言

いつでも里親募集中

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。