ワタクシゴト。

好きなもの 思ったこと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だまされた!Part2

さて、こどもの城で子供たちを遊ばせてる間、必死になって私が読んでいたのがこちら

イニシエーション・ラブ (ミステリー・リーグ)イニシエーション・ラブ (ミステリー・リーグ)
(2004/03)
乾 くるみ

商品詳細を見る


大学四年の僕(たっくん)が彼女(マユ)に出会ったのは代打出場の合コンの席。やがてふたりはつき合うようになり、夏休み、クリスマス、学生時代最後の年をともに過ごした。マユのために東京の大企業を蹴って地元静岡の会社に就職したたっくん。ところがいきなり東京勤務を命じられてしまう。週末だけの長距離恋愛になってしまい、いつしかふたりに隙間が生じていって…。



これ、とある方のブログでお勧めだったので読んでみた。
最後の2行をぜったい最初に読んじゃだめ、という、大どんでん返しものらしい。

ミステリーだというので、かつてのショートショートフリークの血がさわぐじゃないのさ。
つまり、「ぜったいオチを見破ってやる!」
という非常に底意地の悪い読み方をしていたので
あちこちほつれというか、伏線らしきものは見つけられるわけ。
そして、○○は、きっと○○してるんだろうなぁ~
と、まあここまでは分かるけれど、では一体誰が?的な問題になると皆目見当がつかない。
伏線じゃないとこがけっこう詳細に描写されていたりするのでミスリードされちゃったりして。

小説としては・・・
最後の2行がすごいというふれこみがなかったら、たぶん1ページ目くらいで読むのやめてたかも。笑
すごくベタベタな昔の恋愛話で筋は平凡、文体はそっけないから
ミステリー特有のページをめくらせる力!というのはあまり感じられず。
その普通の恋愛話を装ってるところが憎いところなんでしょうけど
途中で読むのやめられたら困るし、難しい力加減なのかもね。

んで、最後の2行にたどりついたのは帰りの車中。笑
電車の中で急いでページをめくりかえしたとさ。
でもね、意味が分からなくて、携帯でレビューというか謎解きサイトを見つけて
(これがけっこうたくさんあってまたびっくり)
やっと合点がいったのでした。
なーる。

これはホントによくできたミステリーだと思います。
理系だよね、この人。すごーく理系っぽい!
「ロボットの最新技術」みたいな本より「人はなぜロボットを作るのか」という本のほうに
惹かれてしまう、根っからの非理系な私にはちょいとついていけないほど緻密な世界です。

そして、同姓に関する冷徹な視点は、こりゃー女じゃないと書けないね。
やさぐれた女子なら、途中でアレには気づくかもね。
ってことで、途中でアレに気付いた私はやさぐれってことで・・・なーむー。

いやあ、すごかったです。読んでない人は読んだらいいよ。
これは映像化される心配のない小説です。笑
そのあと、意味がいまいち分からなかった鈍なアナタ(私みたいな人)はコチラの謎解きサイトを、
読後に読むとすっきりするかも。
スポンサーサイト

*Comment

乾くるみさんは~ 

バリバリ理系の……男性です!
  • posted by しおん 
  • URL 
  • 2010.02/01 09:30分 
  • [Edit]

しおんさん 

> バリバリ理系の……男性です!

え?ええ~~?!
と、wikiを見たら「ペンネームから女性によく間違われるけれど男性」と書いてありました。笑 
思いこみって怖いですね~失礼しました。
でも、男性目線の語り口のわけが分かりました。
男性ってこんなに細かく女子の表情とか見てるのね。
いやあ、この人の女性に対する観察眼鋭くて正確ですねー。すごい。
  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2010.02/01 15:36分 
  • [Edit]

 

こないだは、どうもありがとうね&ごめんなさい!
上手くいきましたか?

これおもしろそ~さっそくリクエスト入れちゃおう!←って、また図書館かいっ!
私が、まったくだまされた本は、歌野晶午の「葉桜の季節に君を想うということ」です!
ゆうさんなら知ってるかな?
一度職場ではやって、読んだひと、全員がだまされた!これもぜったい、ドラマ化できない一品です!
  • posted by ぴょん 
  • URL 
  • 2010.02/02 00:22分 
  • [Edit]

ぴょんさん 

> こないだは、どうもありがとうね&ごめんなさい!
> 上手くいきましたか?

いえいえこちらこそ。
無事解決しましたよ♪

これ、面白かったですよ。
ぜひぜひ読んでみてください。
うちのほうの図書館では、なぜか閲覧室ではなく書庫にありました。
なんでだろー。
歌野晶午さん、読んだことないです。面白そう~探してみますね。
私普段はミステリーはあんまり読まないので全然知らないんですよ。
ただこの手のオチは、ショートショートの世界なら近いものはけっこうあるんですが
ここまで長編で大掛かりにやられると感心以外の何物でもないです。
逆にいえばショートショートの短さならほころびがでない仕掛けを
この長さでやっちゃうってことなわけで。
ってあんまり言わないほうがいいですね~ごめんなさい。

こんなふうにだまされるのは大歓迎です。笑



  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2010.02/02 22:01分 
  • [Edit]

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆう

Author:ゆう

本日の名言

いつでも里親募集中

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。