ワタクシゴト。

好きなもの 思ったこと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だまされた!!

子供をつれて映画に行ってきた。

オーシャンズに行ったのさ。子供500円だっていうし。
自然の造形美を大きなスクリーンで見たら迫力あるだろうなーと思って。


たしかに美しかった。
こんなに音がするのかしら、というくらい、水の音、泳ぐ音とかカニなどの足音とか大きくて
それはそれですごく効果的だった。
序盤に見た、太平洋のど真ん中でいわしの大群を狙うイルカと水鳥とくじらの攻防なんてほんと圧巻だった。
ちょっとBGMがウルサイと思ったところもあるけれど。

でもちょこちょこ入るちょっと説教チックなナレーション。
言いたいこたー分かるわよ。うん、見る前からね、痛いほどね。
で、そういうのホントもう分かってるから、海の現状ってものを映像だけで見せてくれれば
もっと説得力あるんではと思いつつも、説教モードは後半になってエスカレート。

すでに絶滅した海の生き物とかたくさん出てきて
お決まりの北極の氷が解ける映像とか出てきて・・・・。
でもね、なんか深まらないというか、どうせ見せるならきちんと説得されたいと思うのだけど
さらっと表面だけで終わっちゃう。そして感情的に人間を責めるナレーション。
そして映像は結局イルカやクジラやアザラシがすごく多くて、
私の好きな深海の映像があるかと期待してたけれどなくて残念。

でもね、人間のエゴイズムのすさまじさを反省させられるシーンが後半ある。
これ、この映画の核になってるとこだと思うんだけど。
とってもショッキングな映像で、見た後も時折フラッシュバックしては
立ち止まって考えてしまうほどのインパクトだった。

それは、漁網にかかったサメのヒレだけを切り取って、胸ビレ、背ビレ、尾びれを
包丁でそぎ取られた状態で海に廃棄され、
そのサメがヒレをそぎとられながらもまだ生きていて、
口をパクパクさせながら、体を左右にくねらせてなんとか泳ごうとするのだけれど泳げず
ゆっくりと海底に沈んでいく、というシーンなのです。
人間ならば手足をもがれて放置されているような残酷さ。
映画ブラッドダイアモンドのシーンを思い出した。

ああ、フカヒレって・・・最近安くて出回ってるけれどウラではこういうことやってるんだ・・・。
もうフカヒレ食べるのやめよう、人間ってなんて残酷なことを金のために平気でするんだろうと
しみじみ考えちゃった。のですよ。





とーこーろーがー。






この、シーンで使われたサメってば実はロボットだったらしいのね。→ソースはこちら
監督が言っちゃってるー。

私はエンドロールの途中で出ちゃったから知らないんだけど
「人が動物を傷つける映像はすべて加工したものです」とテロップが出るらしい。

そしてなんとあの悪名高き、シー○パードが一枚かんでるらしいじゃないの。
これもエンドロールにしっかりと名前が出ているそうです。
あー、なるほど。いろいろな素朴な感想が一気につながった感じ。
だからクジラがたくさん出てきたわけね・・・好きなんだろうなあ、クジラ。


ディープブルーやアースといった、この手の作品の評判は悪くないから
こんなに偏ってなかったんでしょうね。
うーーん残念。

というかね、監督さんいかに正当化したコメントしてようが、
あの一番核となるシーンを人工的(やらせ)で撮っちゃいかんでしょーよ!(怒)
サメって、皮も出回ってるよね、あと肝油だっけ・・・?
よく考えたら暴れまわるサメを生きたままヒレだけをキレイにそぎおとすなんてことが
できるのか、はなはだ疑問。
もし本当にあういう漁がおこなわれているのならばぜひともそのシーンを見せてほしい。
子供たちも相当ショック受けてたからね。
あれは実はロボットだったんだよー、なんて、言えません。
子供たちの純粋な想いをどうしてくれよう。

こういうことされるとさ、映画全体の信用というものががた落ちじゃないか。
あれが人工的(やらせ)ならば、もしかしてあのシーンもこの効果音も・・・?
製作費70億円のうちいったいいくらをCGやロボットに使ったの?
映画ってだまされにいくようなもんだけど、ドキュメンタリー映画にだまされるなんて。
洗脳ってああいうふうにしてされていくのかもしれない。怖いな。

せっかくのメッセージが、情報の不正確さ、偏り、伝え方のまずさによって
正当なメッセージもこなごなに砕かれてしまうといういい例でした。
たしかに、フカヒレ、そうかもしれないよ、マグロも食べすぎだよね。
水族館作りすぎだよね。水族館で芸するイルカは生き生きしてないよ。
野生のほうがいいよ。すっごくかっこいいよ。
でもさ、フォアグラはどうなのさ。なんて、思わず言いたくなってしまう。

あんまり人が入ってなかったのが、救いといえば救いだわ・・・


ブラッド・ダイヤモンド [DVD]ブラッド・ダイヤモンド [DVD]
(2009/07/08)
レオナルド・ディカプリオジャイモン・フンスー

商品詳細を見る


これはすごい映画です。人間のエゴについてしみじみ考えさせられました。
スポンサーサイト

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆう

Author:ゆう

本日の名言

いつでも里親募集中

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。