ワタクシゴト。

好きなもの 思ったこと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夜中のマーチ 奥田英朗

真夜中のマーチ真夜中のマーチ
(2003/10)
奥田 英朗

商品詳細を見る


アウトレットで読んでいた本がこれ。
なにげなく、そういつも時間つぶしに読み始めるんだけど
話に引き込まれてついつい止まらなくなるかっぱえびせんのような物語をこの人は書いてくださる。

青年実業家気取りのパーティー屋ヨコケン。むっつりすけべの一流商社マン、ミタゾウ。高飛車で強がりのモデル、クロチェ。ひょんなことから10億円強奪の計画に乗ることになった3人だが……。



登場人物がミタゾウを除いてみんな金の亡者というか守銭奴で見栄っ張りで、
価値観が違いすぎて理解できないタイプ。
とくにヨコケンの視点で書かれる第1章なんて、なんて中身のない軽薄な男なのだと
思うのだけどページをめくってしまう。この不思議。

話はね、まあー、後半犬に頼りすぎ、みたいなとこもありラストは大円団で、
けっこうツッコミどころ満載でしたけど、たぶんこの小説はそういう細部にまじめにツッコんでも
意味のない小説。
”最悪””邪魔”という、傑作らしい小説を読んだ人たちにはこの軽さが
不評だったみたいだけれど、
”普通からちょっと外れた人たち”にスポットを当てる視点とか
ページをめくらせる力強さと小気味よい展開は、奥田ワールド全快だなあと
”最悪”も”邪魔”もまだ読んでない私は思いました。
ただ、ヨコケンがジャズ好きなんだそうですが、個人的にこういうタイプの人間と
ジャズがどうも結びつかなくて違和感を感じてしまった。まあ、どーでもいいっちゃどーでもいいか・・・

これ、映像化しやすそうな作品だなあと思ったら、すでに映画化されていたのね。
キャストだけみると、なかなかツボを得たキャストです。
まあたぶん・・・見ないけど。

真夜中のマーチ [DVD]真夜中のマーチ [DVD]
(2008/03/05)
窪塚俊介玉山鉄二

商品詳細を見る
スポンサーサイト

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆう

Author:ゆう

本日の名言

いつでも里親募集中

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。