ワタクシゴト。

好きなもの 思ったこと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木漏れ日に泳ぐ魚 恩田陸

木洩れ日に泳ぐ魚木洩れ日に泳ぐ魚
(2007/07)
恩田 陸

商品詳細を見る



一組の男女が迎えた最後の夜。明らかにされなければならない、ある男の死。それはすべて、あの旅から始まった――。運命と記憶、愛と葛藤が絡み合う、恩田陸の新たな世界



恩田陸さんの作品はいくつか読んだけれど、
”新たな世界”というか・・・

いつもの恩田ワールド炸裂、という印象。
この人の作品は、人間の記憶のあいまいさ、不確かさ、不思議さをついたものが多い。
こんがらがった記憶を整理していくうちに、事実が明かされていくというミステリー。
今回もまさしくそんな感じ。
怖いし、面白いのだけど・・・

ただミステリーとしては、ちょっとオチが弱いような気がしたし
そもそも登場人物になかなか感情移入できなかった。
文中に木漏れ日という言葉が何度も出てくるのだけれど
そんなにプッシュする必要があるのだろうか?とわからなかった。
また訓示というのか、批評というのかそういうもんがぽんといきなり出てくるのだけれど
きっと作者の主張なのだろうけれど必然性がないというか
文脈を壊してしまっている気がしてもったいない。

とまあ辛口ですがわたくしナニサマ?笑

まー、感想ですから。ちょっと、、、恩田ワールドに少し飽きちゃったかな、と。

でも評判はよい本のようですよ。
登場人物は2人の男女、一晩の密室劇なので、舞台化したら面白いんじゃないかしら?
舞台って、見に行ったことないけど。
スポンサーサイト

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆう

Author:ゆう

本日の名言

いつでも里親募集中

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。