ワタクシゴト。

好きなもの 思ったこと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンプだホイ

ん十年ぶりに、いわゆるキャンプってもんをしてきました。


学生のころ以来でした。

所属してたクラブで毎年夏に
某日本三景の神社のある島に行ってキャンプをしてました。
そのころのテントってでかくて、重くて、設営しにくくて。
何人がかりでロープはって、いっせいのせ!で釘打ち付けて、失敗して
また角度変えてロープ張って釘打ち付けて・・・。

大人数で行くので食糧の量もハンパではなく、
テントひとつを倉庫にして食材ぜんぶ置いといたんだけど、
ある夜、夜中にごぞごぞなんかうるさいなあ~と思って翌朝起きてみると、
倉庫の中に保管してあった食材がほとんど食い荒らされている!
島名物、鹿の仕業でございました。
もーあやつらの食欲ってば底なしなんだから。むきー!!

鹿が名物になっている公園とかでよく、鹿にエサをやったりする光景がよくありますが、
鹿ってねえ、エサに対してほんとに貪欲なんですよね。
鹿が集まってるところで餌をあげると、数十匹という親鹿小鹿がわわっと
餌を持ってる人のところに集まってきて、むりやり手から奪ったりしてそれはもうすごい。
子供なんて怖くてよく泣いちゃうんですけど、こんな光景から、

鹿を構うとキリがない、ということが認知されるようになって、

鹿はとにかく無視しよう→シカト、の語源になったんだって。



もちろん嘘だけどね。



最近のキャンプはモノが豊富で、テントの設営も簡単で、
道具もいろいろあるんですねぇ。そのままずっと暮らせそう。

設営や火起こしは男(夫)がするけれど、食材用意したり切ったり細かな食卓の準備は
結局女がすることになり、主婦としてはいつもやってることを外でやってるだけ、
みたいな感じがしなくもないけれど、
子供にとっては非日常を味わうまたとない機会。

なにより暗闇、というのは都会に住んでなくても、いまや街灯だらけで、
なかなか味わえないもんね。
満天の星空なんて、私が育ってきた時代でさえ、なかなか味わえなかった。

キャンプの日はあいにく曇り空だし、キャンプ場は連休効果で満員御礼。
あちこちでガス灯や懐中電灯がともってたので満天の星空はみえませんでしたけど。

たき火ができるところだったのでやりました。
たき火といえば・・・克己と康子とのあの10話でのたき火♪
または花火とヒバナのたき火♪な~んて思いだしては見たくなったりして。


暗くなるまでカエルや虫とりに夢中になり、
夜暗いところで作ったごはんを、
いつもの2倍くらいの量を無我夢中で食べる我が子たちを見てると、
ああ、また連れてきてやりたいなあ、と思うのでした。

いつもどんなとこに行ってもたいてい「フツー」としか感想をいわない娘も、
楽しかった!というくらい、楽しかったようです。←どんな基準だ




今日のつけたし

キャンプだホイ!は歌わなかったよ。
スポンサーサイト

*Comment

 

お~。
久しく行ってないです…。同じメニューを作っても食べる量が全然違うから、作り甲斐がありますよね。
我が家は子供が大きくなるとテントはやはり手狭なので、つい足が遠のいてしまって。
不自由も楽しめるのがキャンプのいいところ。今のうちにたくさんの体験をさせてあげて下さいね。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2009.09/24 08:54分 
  • [Edit]

たまさん 

そうですよね、キャンプも子供が小さいうちだけかなー。
ってもうけっこううちも大きくなってるんですけどね。
今回は初めてなのでぜんぶレンタル及び人のもんを使ってました。
今後も買いそろえることはないかなー(^^;)と言う程度の気合いの入れ具合です。笑

でもまた行きたいな。一年に一回くらいでいいけれど。
  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2009.09/25 09:58分 
  • [Edit]

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆう

Author:ゆう

本日の名言

いつでも里親募集中

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。