ワタクシゴト。

好きなもの 思ったこと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さんぽと子猫

ああ、今日はなんかからだが重い。。。
体の中心のほうの、ほんの一部の細菌が風邪菌と戦ってる感じ。
こんな日はウォーキングはやめとこう!

と寝起きに思ってみても、結局ジャージはいて靴下はいて、
なんのかんのと行ってしまう、ほぼ毎朝続けてるウォーキング。
近くの川まで歩いていって、川沿いの田舎道をずずっと回って帰ってくる。
毎日、めんどくさい!と思いながらも同じ道を巡ってしまうのは
きっと、そこが川だから。
同じ道を毎朝巡って飽きない、というのは、住宅街を散歩するだけでは決して味わえない
自然のちから。
毎日行ってると川の川なりの機嫌が分かってくる。
今日はおだやかだなあ、今日は荒々しいなあ、今日は濁ってるなあ、
今日は・・・流されてるなあ、とかね。笑

ときおり、魚がはねたりしてる。
若者がよく釣りをしてる。
川の機嫌の良い日には、泳いでる魚が見えたりすることもある。
下水の出口では、たまに白い泡が立っている。時折魚が死んでいる。
近くで農作業をしている。
人が歩いたり、走ったりしている。
川べりには雑草が生い茂り、その合間に雑多なごみが捨てられている。
道沿いにはたくさんの虫。かえる。みみず。ノロノロと進む毛虫。潰されてしまったものも、多数。



今日は曇り空。
歩き始めてちょっとしたら、雨が降り出した。
ということでUターン。
近くの公園まで戻ってきたら、ものすごく小さい猫がいた。
お母さん猫と、子猫が1・・・・2・・・・3匹。
猫慣れしてない私でも思わず抱っこしたくなってしまうような愛らしさ。
私のほうを身構えてじっと睨んでは、目が合ったとたん母猫のもとへと逃げる。
母猫は私のほうを振り向きもせずのんびりと歩いている。
子猫ときたらふにゃふにゃの毛で、小さくて細くて頼りなくてぴょんぴょんとジグザクに走って
そのひとつひとつの行動が見飽きない。
子猫なんてめったに出会えないからしゃがみこんでじーっと見ていたら、
母猫とともに公園の奥のほうに走って行った。

昔は犬派だったけれど、年が長じるにしたがってどんどん猫派になっていく。

あんなにかわいかったら、誰かにばらばらに拾われてしまうのかな。
そうして、母猫はまたひとりで生きていくのかな。
それとも、あのままノラとして生きていくのだろうか。
あの4匹が食べて行けるだけの食料はここらへんに落ちているのだろうか。

どちらにしても、猫稼業もラクじゃないなあ、と思った朝の出来事。

スポンサーサイト

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆう

Author:ゆう

本日の名言

いつでも里親募集中

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。