FC2ブログ

ワタクシゴト。

好きなもの 思ったこと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初ものと夏のなごり

090906_1136~01

うちの近所、ナシ園だらけなので
昨日梨狩りに行ってきました。

いまは豊水の時期。

豊水がみずみずしくて一番好きさ。
もぎたて食べ放題!といえば聞こえはいいけれど、
もぎたてって生ぬるい・・・。
やっぱり冷蔵庫で冷やしたほうがおいしい!と思う私は
文明に侵されているのでしょーか。

梨園のなかは、腐った梨がたくさんおちてて、蚊に刺され放題で、
おまけにねずみさんの死骸も横たわってたりなんかして
なかなかスリリングでございました・・・。

今年は日照不足ながら、いつもとそん色のない梨を出荷できてしまうのは、
さすが、プロですね!


梨園といえば、なんで歌舞伎の世界を梨園というのかと思ったら

唐の玄宗の初年(712年)に、唐都長安西北郊の西内苑内で、芸人達が梨が植えられている梨園と称される庭園に集められ、音楽教習府と呼ばれる施設で芸を磨いたことに始まる。


ウィキ情報ですが。


こんな初ものも見つけました。

090903_1427~01

初秋の色。いまから茶色くなっていくんでしょうね。


090906_1947~02

帰り道に寄った地産地消の店で売ってた、新しょうが。
マサヨシさんが作ってるから買いました。

ってわけじゃないんだけど・・・並んでたら選んじゃうでしょ、やっぱりマサヨシさん。

娘の大好物の”ガリ”に初挑戦。
(先日すし屋に連れて行ったらあまりにもガリばかり食べるので
店のおじちゃんにも呆れられていました)

昨日漬けました。うまくできるかなあ・・・・?


いつのまにか湿気が抜けて、さらっとした秋の風になってきたけれど、
うちの周りの蝉たちは、いまが最後とばかりに鳴いています。

そして夏の名残りといえば、この夏休み中にできた、子供たちの宝物。

(キケンな画像あり。覚悟して追記をめくってください・・・)


娘の机の上に大切に保管されています。
なんのへんてつもないお菓子の箱に入ってるものは・・・・・

090901_2001~01


セミの抜け殻、その数67匹。

ひ~~~~~~~~え~~~~~~~~~~~

フタを全開して写真をとる勇気はワタシにはありませんでした・・・あしからず。
スポンサーサイト

*Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2009.09/07 15:51分 
  • [Edit]

鍵コメさん 

え?じゃあ、写メ送りましょうか?
その前に殻ではなく『なまもの』だったら子供机の上におけません。笑

とにかく・・・・ありがとうございます!!!うれしい!
  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2009.09/07 21:12分 
  • [Edit]

No title 

豊水、今が一番美味しい時期ですね~。大きくてみずみずしくて
甘みが強くて。美味しい梨に恵まれるお土地柄、うらやましいです!
がり、ってどうやって作るんですか~~?因みに。
近所の直売場でも、マサヨシさん製ではなくともしょうがが一杯
売ってるので、手作りしてみたいです!
  • posted by 月ママ 
  • URL 
  • 2009.09/07 21:22分 
  • [Edit]

Re: No title 

豊水は他の梨に比べて持ち重りがしますね。
ほんと重かった!
でもおいしい~。

がりは、クックパッドで適当に出たレシピでやってしまいました。
酢に砂糖を1:1で溶かして薄く切ってアク抜きしたしょうがを入れるだけです。
(すごいざっくりした説明でごめんなさい!)
あとは味を見ながら自分の好みの漬け汁の濃度を決めたらいいみたいです。
すし酢にお好みで砂糖を足してもいいみたいですよー
ちょっと辛くて、もう少ししっかりアク抜きしたほうがよかったかなと思いました(ちなみにゆでこぼしました)
がり、自宅でできたら添加物とかの心配せずに食べられていいですよね♪
  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2009.09/08 22:23分 
  • [Edit]

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆう

Author:ゆう

本日の名言

いつでも里親募集中

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。