ワタクシゴト。

好きなもの 思ったこと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーガスタキャンプ09@鳥取 ②

さて、あのすごいライヴを・・・・・・。
言葉にするのはやぼだけども。








「本気だったね・・・」

ライヴ直後、友達がつぶやいたひとことにすべてが集約されているような。

本気でした。




山崎まさよし!というコールとともに登場した山崎さん。


立ち位置はステージ向かって左側、ツアーと同じ並び。
観客のほうをチラリとも向かない。てかむしろケ○向けてるし。

でもそれがベテランっていうものでしょうね、そしてホームならではなんでしょうね、
なんて妙に納得しながら見入る。
にこりともしないで、なあんにも言わないで、お客さんを見渡すこともしないで・・・
でも、背中に気迫があふれていました。
にこにこととにかく楽しそうだったサンマリとは全く違う、集中しきった表情。

ペンギン

ドコモライヴでやった早めのバージョン。去年のオーキャンでもやったっけね?
声がハンパなく出てる。
うぉううぉう、のところで手を前振りできたから、ちょっとアレンジ変わったのかな?


バビロンの住人


ツアー時とほぼ同じアレンジで前奏がおわり、

♪ここはたっいよっううっしっなったまち・・・♪

と歌いだしたと思ったら、ゲンちゃんが爆音とともに「ファイヤー!」と叫んで
照明が変わって・・・・

すんごいびっくりした。
音楽が途中で止まるって、あんなにびっくりするもんだとは思わなかったわ。
しばらくどきどきが止まらなかった。


途中、マキゲによる小芝居・・・・私は最初ウェディングドレスのケープかと
思ったんだけど(笑)
砂かけばばあなのか子泣きじじいなのかそのわりには真っ白な人たちが
「君次第だ」と指をさしあい、最後にゲンちゃんをさして、目玉おやじのマスクをかぶった
ゲンちゃんがドラムを叩く!というアクセントが入りました。

これもなんだかよう分からんかった~笑。
でも面白い。


ここで、田川ヒロアキさん、スタッフに手をひかれて登場。
「田川ヒロアキ!」と一言、まさよしが紹介し、キタローさんがヒッロアキ!と手拍子をうって
観客をあおり、客もそれにこたえる。
またそれに返事をするかわりにヒロアキさんがギターをつまびきだして、
ギターでセッション。・・・まさよしが弾いたフレーズを
田川さんがアレンジで追いかける。楽しい~

そしてこのギターの奏法がすごい!
弦を下から押さえつけるんじゃなくて、上からピアノみたいに奏でるんですね~
田川さん、目が見えない方なので、そういう弾き方を編み出したようですが
こういう弾き方でもこれだけすごい音が出るんだ!
みんなもマネすればいいのに~
と、初心者の私は思ったんだけど、きっと、死ぬほど難しいんでしょうね。

そしてそのまま、

追憶

ツインギターにして、難しいところはすべて田川さんに任せて
なんかまさよしさん、にこにことすごく嬉しそう、楽しそうだった。
ギターを任せたぶん、余裕が出たのかボーカルの冴えわたった一曲でした。
間奏のギターバトル!?もかっこいい!!


ロンサムライダー

追憶が終わった後、すぐに始まったロンサムのリフ(っていうの?)
が始まり、みんなどよめいていました!

ロンサムは「弾きながら歌うのはムリや!」という言い訳(笑)をしてたのを
ラジオかなんかで聞いたので

「ならばオーキャンで誰かゲスト呼んでやってください!」

とツアーのアンケートに書いたりしていたので、
キター!!と思いました。
みなさん、あのロンサムは私がアンケートに書いたおかげです。
感謝してください。

・・・・・・冗談、じょーだんですってば。


まあ、各方面からの期待値の高さにやってくださいましたロンサム、
ホントにものすごかったーー!!

長めの伴奏(田川さんの超絶ギターソロ付き)
もう、ロンサム歌うまさよし、すごーく楽しそうでしたね~

「え、オレだけー!?」っていうところとか。
たぶん、ボーカルだけだったらすごく歌いやすい曲なんじゃないかな?

あぁ・・・でもこの曲、興奮しすぎて記憶がぶっとんでる。
WOWWOWさん、まさかカットしないよね・・・。

曲が終わって田川さん、客席に名残惜しそうに手を振って出て行かれました。
まさよし、「すごいだろー!?」
って、自分の手柄のように自慢してたのがかわいかったわ・・・。

この日のライヴのことを、田川さんのブログに書かれていました。→こちら。

視覚に頼らない方ならではの、会場全体の音や空気を全身で感じとって
このライヴを楽しまれたようです。
また来て!また、一緒にロンサムやってください。ぜひぜひぜひ。


さて、見事に腰砕けになったところで・・・アコギに持ちかえる山崎氏。

なぜか、ほっとする。

「静かに行きます・・・」と言いながら

心拍数

ちょっと残念だった。
だってこの歌、ちょいと苦手なんだもの・・・

でもこの日の心拍数はよかった。
良い意味で、歌詞というか歌い方と言うのか音の響き方というようなものが、
夏の夜のじとっとした黒い空気によくなじんで、説得力があったというか
生々しかったというか。

若い頃の曲をやるのは・・・・なんとなく、ほっとします。なぜだ?

十六夜

この曲に入るまでのドラムのリズムがなんともかっこよくて
いつまでも聞いていたかった。
アンジェラかな?とか思ってたら、おお、今日はとことん渋い!
歌い方、かっこよかった。

水のない水槽

YES!と、外人ばりの歓声をあげてしまうほど嬉しかったこの選曲。
あー久し振り・・・
この曲、もともと好きだけど、ライヴで聞くのが大好きで。
アレンジとか照明とかそんなもの含めてすごくライヴ映えする曲だなーと思っていたので
ほんと久し振りに、トリオでの水槽を聞けて大満足。
今回は正攻法の水槽だったような気がする。。。

ああ、やっぱりこの曲の世界観好き。


ここでゲストを呼びたいと思います!
秦基博!!


と呼ばれて出てきた秦くんに対して

まっさおだね・・・・・。(青Tにジーンズといういでたち)
まっさおでVネックだね・・・・(青TがVネック)


と、見たまんまトーク。
ヲイヲイ、それで話を広げるんかい、先輩・・・。

あれをきちんと拾い上げてトークをつなげた秦くんはエライよ!
(Vネックのほうがシュッとして見えるんです、とかなんとか言ってました)

「聞けばわかります」と言ってやってくれた曲は

スローバラード

最初秦くんが歌う。魂が持って行かれる。すっかり、秦くんの歌になっている。
涙が出そうになる。思わず、客から拍手。
次にまさよしが歌う。なんだか気合いが入ってる。
歌っているうちに、どんどんキヨシローさんに似てくる。
最後なんて、キヨシローさんと、若いアーティストのコラボに見えてしまったほど。
あれは、わざとモノマネしたのか?無意識なのか?なにか乗り移ったのか?

分からないんだけど、シビれました。
ごちそうさまでした。(秦くんの歌声は、おいしい料理に似てません?)



月明かりに照らされて

いやいや、こんなに贅沢でいいのか?というような選曲が続きます。
こんな贅沢しちゃったら明日で世界終わっちゃうんじゃないの?
まあ、それでもいいか!
などと思いながら聞いてたあの時間、ぜいたくだったなあ。

アコギの前奏がかっこいい~♪
さびないねえ、この曲は。


ちょっといったん切ります。あーーー・・・・なが・・・。
スポンサーサイト

*Comment

No title 

ほんっとに良かった。素晴らしいライブでしたね。
バビロンの小芝居は最初「アラブ人か?」と思いました(笑)
「スローバラード」は本当に良かったなぁ。速攻でオーガスタに着うたの配信を嘆願するメールを送ったのは私です(^_^;)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2009.09/04 01:21分 
  • [Edit]

たまさん 

アラブ人!なるほど~。
もう、分かりにくすぎ。

スローバラード、あれが着メロだったら電話取らずにずっと聞いちゃうかも。
秦ぼーでレコーディングしてシングルカットしたらいかがでしょう。笑
  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2009.09/04 16:03分 
  • [Edit]

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆう

Author:ゆう

本日の名言

いつでも里親募集中

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。