ワタクシゴト。

好きなもの 思ったこと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じゅ、じゅうろく・・・・じゅうりょくぴえろ、いちまい。

チケット買うとき、カミました。
緊張してたのかしらん。

舌ったらずってよく言うけれど、舌が足りないんじゃなくて、余ってるんじゃないの?
と、舌ったらず歴30ウン年の私は思うわけ。
口の中で余ってて、舌を転がす余裕がなくて、うまく発音できないんじゃないかと。
だから、舌ったらずじゃなくて舌余りと表現した方が事実に近いんじゃないかと。
息子ももうすぐ小学生だけれど、やっぱり舌ったらず、もとい、舌あまり。
これって遺伝?


さて、カミながらもなんとかチケット購入して観にいったのが、こちら、重力ピエロ

これね、去年、仙台にロケ来てたんです。
うちのすぐ近くの公園に主演の加瀬さんと、ナントカさんが来てる!って騒いでて
見に行った人もいて。
加瀬さんしか顔が分からなかったから、ふ~ん・・・って思ってたんだけど
ナントカさんって、イケメン俳優さんだったんだね。
みんなはきっとナントカさんを見に行ってたんだね。
そのあまりのイケメンさんぶりに、
ちょっと生で見に行きたかったかも、と今更思っちゃったりなんかして。

仙台の景色を懐かしみたい、というような半ばミーハーな気持ちで行った。
もちろん、内容なんて全く知らなくて、予告での、コヒさんのカツラ姿しか印象になくて。

悲しい事情を背負った、家族の物語でした。
遺伝子に絡めて、家族の絆というのは何か、を問う作品だった。
オール仙台ロケってことで、地理的なもんも分かるし、
近くの公園やらよく行ってた駅前の景色とか・・・・今は遠い景色たちが映ってました。



そしてコヒさん、圧巻でした。さすがでした。
出てる役者さんそれぞれ、存在感あるんだけど、コヒさんってすごい。
舌ったらずなのに・・・・笑
あんなに温厚そうでフツーの顔したおじさんが、なんであんなに柔剛自在の
演技ができるんでしょう。

役者さんがみんな良かったな。
あと、街並がよかった。


以下、ネタバレしつつ感想を。
映画いまから行く人も、楽しく行った人も、この映画に興味がある人も、
読まないほうがいいかも。行くならネタバレせずに行くべし。




据わりどころが分からなかったというか。

ミステリーなのか、家族とはなんぞや、というものを問うのか、
悪と正義を深く考えさせたかったのか。
いろんな要素をひっくるめたかったのかもしれないけれど、それにしては
いちいち、テーマが重かったと思うんです。
だから、私はもっとじっくりと、いちいち立ち止まりながら見たかった。
どれも中途半端というか・・・。
2時間足らずの映画にあれやこれや詰め込んでしまったせいか
私が鈍チンなせいか、主人公のハルの、壮絶な悲しみ苦しみを、
たぶん半分も想像できぬまま映画が終わってしまったという感じ。

それとね、映画の核となってる出来事、渡部さんですけど
最後のシーン、ツッコミどころ満載で。
あれじゃあ殺されにきてるようなもんだと思うんだけど。
ガソリンまかれて、火つけられて周りが火の海になってもヘラヘラ笑ってて、
相手がバット持ってるのに笑ってて、
殺されるハズがないと思ってたのかな、あれほどの悪人が。

それとも、わざと殺されに行ったのだろうか。
そうだとしたら、渡部氏の役にももうちょっと興味が湧いたんだけれど
そこらへんがよく分からなかった。
けっこう大切なシーンだと思うので、そこが分からなかったから、映画全体の印象が
ぼんやりしてしまったのだと思う。
せっかくの渡部さんなのに、もっと狂気を見たかったな。
そして、映画全体としても、抱えているものが重かったわりに終わり方があっさりと軽かったような。

と、多少腑に落ちないながらも、
孤独を抱えた少年ハルの、いじらしさが胸に迫るし、
この両親もすごいけれど、弟の過去を認め引き受けてしまう兄の懐の深さにも驚く。
なんといってもこの映画はコヒさんがすばらしい。
ひとことひとことがぽうっと心に響いています。
最後、ハルくんの手を握るシーンがすごく良かった。
このお父さん、すばらしく強い人です。ホレてしまったよ。
こんな人が父親だったら、夫だったらいいなあ・・・・。

重力ピエロというタイトルのわけや、ハルが2階から落ちてきた、という
この映画のキャッチコピーの深い理由も、あとからじんわり、じんわりと分かります。

原作の小説を読みたいな。
できれば、買わずに読みたい・・・・笑。
スポンサーサイト

*Comment

読んだし、見てきた。 

それも、今日。
割引のない日に(笑)
一応クーポン使って。

映画だけでは難解かも。
原作のほうがもっとハルの心の奥とか
連鎖、スピード感が伝わってくるような気がしたな。
引き込まれたもん。


私もカツラが気になって仕方なかった。
もっと良いのがあるだろうってね。
  • posted by みちママ 
  • URL 
  • 2009.06/02 16:17分 
  • [Edit]

 

私も見てみたーい!
「かつら」ちゃう(笑)
映画!
仙台ロケだったんや~
ゆうちゃん、懐かしかったね♪

原作、ただで(笑)読めるといいね~~

  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2009.06/05 11:37分 
  • [Edit]

みちママさん 

あーやっぱり原作読みたいな。
それで、私が分からなかったところすっきりしたいっ

でも、印象的なセリフが多くて、やっぱり見てよかった、
っていう映画でした♪
カツラは、笑ったよね、浮いてたし(笑)
わざと?ってくらいに。
  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2009.06/06 08:45分 
  • [Edit]

みかんちゃん 

懐かしいって思うくらいは、昔じゃないけど、
そういえばなかなか行けない場所になっちゃったんだなーっていう
ヘンな感じだった。

図書館は望みうすいから・・・文庫で買うしかないかな~。
  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2009.06/06 08:47分 
  • [Edit]

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆう

Author:ゆう

本日の名言

いつでも里親募集中

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。