ワタクシゴト。

好きなもの 思ったこと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本中の図書館に秘められた衝撃の・・・!

みなさん、この世にとしょしつというものがあるのをご存じですか?

図に乗るの図に、領収書の書に、室伏選手の室と書いて
図書室。


今日行ってまいりましたの、娘の学校の図書室に。



小学校の図書室ってだけでそれはそれはあやし~い、おそろし~い響きのするものでして。

夜な夜な、誰もいないはずの教室からぽろんぽろんと悲しげなピアノの音が(それは音楽室)

ドアを開けたらガイコツがいきなり襲いかかってきたり(それは理科室)

ドアを開けたら髪の毛のなが~い女の子が(それはトイレの花子さん)

いきなり映写機がまわりだして陰惨な映像が壁いっぱいに映し出される!(それは視聴覚室)

えーと、えーと図書室は・・・・・





誰もいないはずの図書室のすみっこでしずかに本をめくる音がきこえる、とか?







なにかと地味~な扱いの図書室ですが。

昔から図書委員といえば、クラスの優等生でおしとやかな子がなるって相場が決まってる
もんでしたが。


小学生にはそれなりに人気のスポットなのさ。

その図書室のボランティアを募集するっていうんで、応募してみましたのさ。
んで、説明会に参加してみましたのさ。


図書ボランティアってたぶん、けっこういろんな小学校にあるんじゃないかと思われる
システムだけど
要はPTAのオヒマな方々が、午前中図書館にいて本を借りてきた子供たちの
お世話をするっていう係なわけで
オヒマな私は立候補してみたわけだけど、
日頃図書館には多大なるお世話になってる身としては、図書館、じゃなくて
図書室だけど、中に潜り込めるってのはなかなかない機会なので
けっこうワクワクして行ったのでした。

まずは、概要説明があって、貸出しのシステムを教えてもらって
最後に、司書の先生から置いてある本の分類の説明があった。


そ・こ・で・・・・・・

過去さんじゅううんねんかん生きてきてまったく知らなかった驚愕の新事実がいま明らかに!!!


(追記にひっぱるほどの衝撃度があるか自信はありませんのでおヒマな方だけ覗いてね。はあと)


図書館や図書室に置いてある本の背の下に、番号が印刷してある
シールを貼ってあるのって、見かけたことあると思いますが、


pic_0541[1]


こういうやつ

真ん中の段のオとかトだとかは作者の頭文字です。
上の段の、320という番号にはどんな意味があるか知ってますか?


日本十進分類法という法則で細かく分けられているのだそうです。

リンクした表では3ケタで、細かく分かれてるけれど
大まかにいえば
0で始まる番号は総記(百科事典、新聞など)
1で始まる番号は哲学
2は歴史
3は社会科学
4は自然科学
5は技術・工学、工業
6は産業
7は芸術
8は言語
9は文学

という分類なのだそうです。

なんと、日本中の図書館が、こういう分類によって本を分けているらしい。

これでいくと、この写真の本は(某所から借りてきた画像ですが)
320=法律関係の本、ということになるのです。

小学校の図書室も、例外ではありません。
3ケタの細かな分類にはなってなかったけれど、
1から9までの番号が振られてて、そのとおりに分類されてました。

これって知ってたら、けっこう目当ての本をすぐ探し出せる裏ワザだと思いません?

私には目からウロコでした。
このシールの番号なんだろなーこのコンピューター化の時代に、いつまでもあるよな~
なんて不思議に思ってたクチなので。

司書の先生は、
「みなさん学校の先生でも、ほとんどご存じないんです、もったいないことです」と
おっしゃってたけど、ほんと、周りも知らない人ばっかりでした。
だって習ってないもの。
ホントにもったいない知識だなあと思いましたわ。

ま、これって知ってる人にとっては、基本のきの知識なんだろうけれど
私にとってはこれだけでも1年間ボランティア参加するモトがとれたっていうくらいの
もんでして(って大したことしませんが)

今度図書館に行くのが楽しみになったのさ。

スポンサーサイト

*Comment

 

へえ~~~~~そんな意味があったのね~~~
あたしゃ単に棚に返す印・・・だと思っていたさ。
そんなあたいも本日図書館、館の方に行ってきたが、目当ての本は無かったさ。
3で始まる本だから社会科学なわけね^^
  • posted by 十六夜 
  • URL 
  • 2009.05/07 19:03分 
  • [Edit]

そうなんだ~~。 

へえーーー。そういえば以前、有川浩さんの
「図書館革命」だったかに、こういった分類の
ことが書いてあったような・・・。
気にしてなかったですーー。
これからは注意して、本の背表紙を見てみますね。
  • posted by 月ママ 
  • URL 
  • 2009.05/07 19:58分 
  • [Edit]

へ~ぇ 

そういや、分類表見た事あるような。
本棚の側面に書いてあったような気がする。
な~るーほ~ど。
  • posted by 特命部長 
  • URL 
  • 2009.05/07 22:03分 
  • [Edit]

 

なるほど~~!
すばらしいシステムなのに周知されてないのは確かにモッタイナイねー。
息子の借りてくる学校の本にも貼ってある、ある。
ホホホ・・・・、知ったかぶってウケウリの知識を息子に披露したろ~(笑)
  • posted by koge 
  • URL 
  • 2009.05/07 23:41分 
  • [Edit]

 

今年は「図書ボ」やるのね~、ゆうさん。
その数字の分類を知ってたら、探しやすいんだね。
図書司書さんって、そういう勉強もするんだろうな~(確か国家資格?)
私は「託ボ」=託児ボランティア、どうしようか悩み中です。

  • posted by うさぎ 
  • URL 
  • 2009.05/08 09:31分 
  • [Edit]

ほ~ 

そうなんだ!今日図書館にちょうど行って、5の本を2冊かりてきました!ふむふむ!料理は技術にあたるんやね!
で、リクエストしてた新刊も!でも~これには、キリ、シゲ、だけ、、、、!
これは桐野夏生、重松清!の略? ちょっと~怠慢するな~小○台図書館v-217だね!
  • posted by ぴょん 
  • URL 
  • 2009.05/08 21:05分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2009.05/09 02:03分 
  • [Edit]

十六夜ちゃん 

うん、知らなかったでしょー
びっくりさ~
こっち引っ越してきて図書館が遠くなってしまって行ってないわたし。
このトリビアを知って、行きたくなってます(笑)
  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2009.05/09 15:02分 
  • [Edit]

月ママさん 

へえ、載ってる本もあるんですね。
専門的な知識なように見えるけど、これって一般的な知識ですよね
知ってて損はないというか。

私も次回探してみます(^^)
  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2009.05/09 15:04分 
  • [Edit]

特命部長さん 

・・・・って誰?(笑)

知らなかったでしょ?
ねぇー。びっくりだわ。
ま、社会科学とか自然科学とか言われても、いまいちピンとこない私ですが。

  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2009.05/09 15:05分 
  • [Edit]

kogeさん 

知ったかぶってみて~(笑)
私も誰かにしったかぶってやるわ!
娘に聞いたらやはり知りませんでした。
さらっとでいいから、習える時間があるといいのにね。
こんなすばらしい法則があるのに。
  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2009.05/09 15:06分 
  • [Edit]

うさぎさん 

図書ボっていうのね(笑)
そうそう、でも人数多いから出番は少なくて済みそう。

託児もねー私も考えてたところだよー
人様の子を預かるのは短時間でも、ちょっとドキドキするけれど。

司書の勉強ではたぶん一番最初に習うくらいな知識なんでしょうね。
これを実際、新しい本がどの分野かって分類するのが難しそう。
  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2009.05/09 15:09分 
  • [Edit]

ぴょんさん 

そうか、料理は技術ですもんね。なるほど。

本=小説がやっぱり多いだろうから、9はいちいちつけないのかしら?
なーんて。
  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2009.05/09 15:12分 
  • [Edit]

鍵コメさん 

ぬはは。分からなかったよ。
わざわざサンキューです。
  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2009.05/09 15:13分 
  • [Edit]

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆう

Author:ゆう

本日の名言

いつでも里親募集中

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。