ワタクシゴト。

好きなもの 思ったこと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偏るということ

ライブ中にメモをとること、が話題になってしまっていますが。


「ライブ中にメモを取ることに対する是非を問う!」ってな趣旨じゃなかったんだよね。

一種、人間同士として、みたいな意味合いじゃなかったのかな、と私は読んでました。
ライブは、見られる側と見る側、というのにしっかり分かれているわけではなくて
出演者側にも、客席の様子はしっかり見えてますよー一緒に作り上げていきたいな、
みたいなことが言いたかったのかな、と。

自分は見られてないだろう、という感覚でいる人、多いと思うのです。私を含め。
それはいろんなところでのモラルの低下にもつながってる感覚だと思う。
でもライヴは、相手と面している限り、
少なくとも、自分が相手を見る大きさと同じ大きさで、自分も見えているというのは
自覚したほうがいいなあ、と思った次第。

とまあ、私が今回書きたかったのは、すでに終息しつつあるこの話題を蒸し返すという趣旨ではなくて・・・


私が一番思ったのは、ああいうちょっと物議をかもしがちな話題になると、
意見がどちらかにぐわっと傾いてしまうなーと。
ネットは匿名だから特に両極端に傾きがち。言葉がきつくなりがち。

演奏中にうつむいてメモをとるか、
とらないで思いきりノリノリでアゲアゲで楽しむか、っていえば、後者の方が
”正しいライブの楽しみ方”と言われれば確かにそうかもしれないし、それが多数派なのかと思う。

でもね、=メモを取る人を、ライヴを見る姿勢として正しくない、信じられない!というふうに
一方的に批判や糾弾してしめだしてしまうような行為は、なんか違うよーな気がするんですよね。




ちょっと話題は変わりますが、
先日、幼稚園で発表会がありまして。

そのとき、事前の役員会で話題になったのが

「マナー違反してビデオやカメラを撮影する人をどうするか」みたいな議題だったんです。

ビデオ席を後方に設けてるんだけど、毎年そこに行かず、
席についたままビデオやカメラを撮る人が多いから、それをどうやったらなくせるか、ってな話だった。

園のホールでやるんだけど、ホール自体すごく狭いのに、
そこに保護者をぎゅうぎゅう詰めにしてやるから、
はっきりいってビデオ席まで移動するの大変なんです、時間もないなかで
人を押しのけて移動しなきゃいけないわけで、それが申し訳ないって人が
席でビデオ撮ってるんじゃない?と私は思ってた・・・てか去年はそうしたんだけど(笑)

狭いとこでやるんだから席で撮らせればいいのにーと思ったのは私だけだったみたいで
どうやらカメラを持つ手を伸ばしたりする人がいるらしく後方の人が見えなかった、とかの
クレームになったらしい。



話はまたたくまに、
「だいたい、ああいうのは直に見るほうが感動を味わえる。ビデオを一斉禁止にしてはどうか」
みたいに発展していきまして。

それは、正論なんだよね、あとから見るより、ビデオのファインダーを通して見るより、
直にしっかり観て記憶に焼きつけたほうがより印象に残る。感動を味わえる、んだと思う。
そしてそんなすっぱりあっさりとした親になれたらきっとステキよね。

でもさー、やっぱりわが子の晴れ姿をのちのちまで残しておきたいってな親心はあるわけで。
それはもしかしてちょっとまがった弱い親心なのかもしれないけれど
私はそんな曲がった弱い親心をもった親なのです。
でも、そんなダメ親が発言できるような雰囲気でもなく(^^;)

なんか、そのときは言葉にできない違和感を抱えたままいたんです。

結局、結論としてはそんな極端には偏らず、みんなでマナーアップを呼び掛けましょう!ってことで
プリントにも当日も何度も何度も「ビデオやカメラは後方のビデオ席で~~!!」
って言ったもんだから、席で撮る人、いなかったんです。
それを「良かったよかった、さすが、うちの園の保護者はマナーが良い♪」とかいう話になってて。

でもね、私のとなりの席のお父さん、隠し撮りしてたんですよ、ビデオを上着にくるんで。
なんかねーかわいそうだった。
だって後ろのビデオ席ははじめから終りまで、ぎっしり人がいて動かないから入り込めないし
でもわが子の晴れ姿をビデオに納めたいし。。。。って思ったんだろうから、そんな卑屈に。

なんか幼稚園の行事に隠し撮りまでさせてしまったのって、どうなんだろう~。
ともんもんとしてたら、先日、園長が月のおたよりにこんな話を寄せていた。

保護者のみなさんの中に生じる「モラルを問う声」の多さと大きさに、実は若干の戸惑いを感じております。
一つの社会や集団の中で、ひとつの思想や宗教、モラル観によってたがいに規制しあう雰囲気が支配すると「息苦しい社会」を作ってしまう。
一つの集団の中には、一般的な価値からちょっとずれたり、つい出来心による行動が起こります。
そのとき集団の大多数が「しょうがないねえ」という程度で受け止めるか、「あの人もやってるんだから私もやってやれ」といった雰囲気によってその集団の民度が評価されるのではないか。
そしてつい起こした出来心を「一人も許さないぞ」といった雰囲気に満ちた社会は息苦しい社会になってしまうのではないか。




園長という立場にしてよく書いてくださったと思います。
私がなんかもやもやと感じていた「違和感」をものの見事に文章にしてくださっていて
ああ、それだったんだ!と、この文章には思わず拍手喝采でした。

正論をふりかざして異端を切る、というのは正しいことのように見えて、実は怖いことなんですね。
よくブログとかで炎上したって話題になってるけど、
意見が時にヒステリックに偏ってしまう気がする、特に最近は。
0か、100か、で、中間がない。あそびがない。

勝ち組か負け組か、金持ちか貧乏か、自民党か民主党か・・・・・みたいな。


もっとね、いいかげん(良い加減)なのも必要なんじゃないのかなー、と思いました。

まあいいかげんオンナの言い訳ですけど・・・・・。



友人たちからのメールによると、福山もどうやらサイコーだったみたい。レポ、楽しみだわ♪♪
スポンサーサイト

*Comment

 

んふ。
最高だった。

このメモの話はね、わたしも気にはなってたのよね。
多分、ゆうさんの切り方とは違う形で記事にすると思う。
でね、園長先生のお話、染み入ります。

ちょっと方向性は違うけど、この間、私がヤリ過ぎちゃった件について思い出しちゃった。
賛否両論あるんだから、っていうどちらの言い分も受け入れるような言葉があるでしょ。
でも、その言葉が実際にはどちらの言い分も理解せず話が終わらせてしまうってのが、私にとってはストレスだったから、賛否両論の中身についてついつい踏み込んじゃったけど。
踏み込んできちんと議論して折り合っていくっていう作業を、どちらかというと「面倒くさい」「空気が読めない」なんてことで回避してきた今までの経緯が、議論下手な日本人を作ってるのかもしれないなと。
そう言う意味で、まさよし君じゃないけど話し合うってことに「風穴を空けたい」訳ですわ、わたしゃ。

そうすれば、ゆうさんが書いたようなそれぞれの思いや事情だってきちんと主張できるし、ワガママという一言で片づけられず、そういう声に対処しようと言う動きだってできるはず。

それを我慢してビデオ席に移動している人の言い分だって、席でビデオ取ってる人の気持ちだって、もともとの思いはそれ程変わらない訳だしね。
ちょっとしたすれ違いで、その溝が大きくなって、排除する方向に進んでいくのは、怖いよね。

私とは違う方向を向いているようで、その実、園長先生の話はなんだか私の気持ちとひどくリンクして来ちゃうわ。
そんな園長先生と出会えたことは、ゆうさんにとって幸せなことだね。
  • posted by くぅ 
  • URL 
  • 2009.03/15 15:18分 
  • [Edit]

Re: タイトルなし 

メモの件についてはね、
あの場合については私は演者がちょっと気が散った、というのは分かる気がするのよ。
最高のパフォーマンスをみたいなあ、と思ってるのなら観客として、
演者が気持ちよく音楽に没頭できる環境を
整えることも必要なんじゃないかなーとは思った。TPOに応じて。
で、あの件に関して、あのライブをまさに今作り出している人の一人である
彼を謝罪にまで追い込んでしまった展開は少し残念だった。
確かに軽率なとこはあったのかもしれないけれど
なんかメモがOKか否かみたいに議論?が発展していってるのがどうなのかなーと・・・。
そんなYESNOの単純な話じゃないんじゃない?みたいな。
ってかそんな目くじら立てて白黒つけなくてもいいんじゃない?って・・・・
そういうとこがダメだよねー私も、日本人まっしぐらだから・・・・(^^;)

なんかね、中庸ってのが好きなのよ、きっと
あいまいな部分。でも許しあえるみたいな、そういうの
日本人特有であるでしょ?そこがいけないのかもしれないけれど、美徳でもあると
思うのです。その美徳が最近なくなってきたというか、
本来隠したり、慎んだりするべき本音が相手に直接ぶつけるわけじゃなくて
”陰口”という形で噴出してきたような感じ。陰険でとっても陰鬱・・・・

くぅさんの言うように、
賛否両論あるんだから、ということを言い訳にして自分の意見を曲げない、ってのじゃなくて
賛否両論、ってとこをしっかり理解したうえで具体策を練っていくって作業が
確かにいろんなとこで大切なんだね、逃げずに。
ただ実際いろんな場面では、限られた時間内にあれこれの諸問題に一応の
具体的な道筋をつけなきゃいけないから、
なかなか精神的なもんまで踏み込む時間はないってのはあるかもしれないわけで
そういう意味では、ネットは時間無制限だからうまく使えば日本人の性質を変えうる・・・のかも??

カメラについてはね、私の思ったことは、具体策とともに言ってみましたがスルーされたので
ワタシの意見が正しくなかったか、言い方が正しくなかったかのどちらかでしょう(^^;)
私も自分の意見についてはちーとも自信がないわけで。
でもその時も園長が結局とりなして、極端な結論には至らなかったのです。
みんな普段はとっても善意のいい人たちなのよ。
だから今回特に集団性の恐ろしさをちょっと感じてしまった。

園長はホントにいい先生なのですよー
教育者として、すばらしい先生に出会えたなーと思います。
だから転園ざんねんだなー。って返信、ながっ!
  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2009.03/17 22:56分 
  • [Edit]

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆう

Author:ゆう

本日の名言

いつでも里親募集中

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。