ワタクシゴト。

好きなもの 思ったこと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OKBH09 仙台公演 『私的』レポ③

やっと終わる・・・・かも?





さて体があったまってきたところで、ピアノ弾き語りコーナーへ
またクールダウン・・・・笑

ピアノの席についてMC。

「今年でもう14年目ということで・・・・一番中途半端や。去年だったら(ナベアツ風に)13!
って言えたんやけどね」


来年があるよ~という客席からの声に

「来年やったら(アホになって)15!って言えますね・・・・」
「まあこうやって長いことつづけて来れたのもひとえにみなさんのおかげかと・・・・
えっとだいたいみなさんアレですか?僕と同世代の方が多いように思うんですけど」


会場、ええ~?という声と、はーい、と手を挙げる人と。

「同世代やったら、結婚して、子供産んでまたライブに戻ってこられた方もおられますか?」

ここでは私も手を上げてみた♪

会場見渡して、「そうですか。あの、子供って大変ですよね。あいつらなんでも食いよるし・・・
10円玉とか食いよるし。レントゲンに写ったりしますからね。
うちの姉なんて、どんぐりを鼻に詰めて取れなくなって、病院に行ってとってもらいましたからね。
おかんに『アンタ!なに詰めてんのー!』パシッとか怒られとった」


ずいぶんチャレンジャーなおねえさまだったようで^^;
でも鼻につめる子っているんですよねー友達の子は消しゴムで病院行ってましたが
どんぐりはかなり痛そうだわ・・・・。
そして10円玉食べたってのも初めて聞きましたが友達の子も10円ではないけど
いくらかがう●こから出てきたって聞きました。

まさやんはどんな子だったー?との声に

「ぼくはあまりそういう無茶はしませんでしたけど、よくケガして帰ってましたね。
血を流して帰ってました。で、おかんに怒られるんですよ『またこんなケガして!』パシッとか(笑)」

といった話のあとに、

8月のクリスマス

ああ、久しぶりかもー。
このイントロはとってもやさしくて素敵な音ですね♪
先ほどあやうかったピアノも、ここではさすがにキレイな音に(笑)
この歌やっぱりピアノが好き。

ツバメ

いい曲でよい音でよい声でした。
ただこの日の私の気分ではなかった。なんか違うのが聴きたかった。
でも、やはり名曲です。そしてツバメもピアノの弾き語りのほうが好き。

いかれたBaby

キター!!
ホントにこの曲愛してるんだなーと思います。
今までいまいち本人ほど好きになれず「そんなにこれ、いい?」とか思ってたんだけど
今回のいかれた・・・は良かったです。
ここでハープを初めて吹いたんだっけかな、ハープの音が会場に響き渡って美しかった。

アレルギーの特効薬~WHAT’D I SAY

この曲イントロがはじまったとたん、みんなバタバタと立ち始める。
で、このアレルギーとWHAT・・・の黄金律といもいうべきつながりはめちゃめちゃ久し振りでしたねー!
99のOKSでやってたそうですがもっと違うとこでもやってなかったっけ?
ナーナナナナーナナナナーっていうのは、最初くっついてなくて
しばらくたってからくっついたように記憶してますが・・・・まあ、私の記憶ですから。
このナナナナーってのが気持ちよくて好き!
久し振りでしたがここぞとばかりに歌ってしまいました。
会場も総立ちで、みんな踊ってました。

晴男

ああ、やっぱり良い。この曲。
ただリズムとゆーか手拍子とゆーか最後のラ~ララ~ラでの手振りが
私が振りたいリズムとみんなが振ってるリズムがどうやら違うようで
なんかそれで乗り遅れるとゆーかなんとゆーか。
ま、でも手振り気持ちいいんで結局みんなに合わせて振るんですけどね。


”ぼくらはいつだって同じ空で出会ってくのさ”


最後の合唱のとこで、会場を幾度も見渡して、2階にも1階の隅っこにも目を配り、
笑顔で歌ってるまさよしが印象的でした。
2階のサイド席に、ひとり足をケガされてる方がいらっしゃったんだけど
彼女にも何度も目を配ってちゃんと楽しめてるかな~って見てる様子が
ああ、優しいなあと思って、んも~。ほれなおすっちゅうねん。


歌ったあと、 「平和、平和!ピースピース!!」といって、みんなでピースサインを作って
帰って行きました。
実はこの言葉がこの日一番心に残ったんですが、またそれはあとからダラダラ書きたいと思います。


アンコールはすごく早く出てきてくれました。マーサア&パンチラスのグレーTシャツ着用。

「ありがとうございます。ライブハウス、いいですね!
ここで新曲をみなさんに聞いていただこうと思うんですが・・・・暗いでぇ!
題名がまだ決まってません。
聴いてなにかいい題名ありましたらアンケートにあとから記入してください」


「この曲は、1日でできたんですけど、おもちゃの歌なんですけど。小さい頃に
寝るときに必ず抱いて寝るタオルだったり女の子だったらぬいぐるみとか、あると思うんですけど
それは自己が確立するまでの間のアイデンティティの投影だったりするんですけど
毎日それがなきゃ寝られないというものが、いつの間にかある日なくなっていると。
僕は、それが超合金のおもちゃだったんですけどね、
いまは学校の話題とかでゲームだったりするんでしょうけど僕らのころはゲームはなかったので
それが超合金だったりしたんですけど・・・・」


「ぼくの家はあんまりそんなおもちゃとか買ってもらえる家ではなかったんですが
隣に金持ちの友達が住んでまして・・・・・そいつの家にいっていっつも遊ばせてもらっていたんですけどね」


ああ、想像するだけでかわいらしいのでござるよ。

「で、あるときぼく、懸賞に応募して当たったんですね、鉄腕アトムの超合金の人形が・・・
あれ今もっとったらすごい値がつくんじゃないかと思いますけどね!
まあでも母親とかが捨てるんでしょうね、気づいたらなくなってるという・・・
最近ふとそういうこと思い出しまして、その日一日でできた曲です。暗いです。
傷口に塩塗るような・・・わさび塗りたくるような・・・・」


Heart of Winterについての雑誌で、「まさよしが歌の解説してる!」って記者が感動してた記事が
あったけれどやっとその気持ちがわかった(笑)

まさか、まさよしが、ライブで今から自分の歌う歌の解説をしてくれるとは思わなんだ!
びっくりした!
でも、この解説あったほうが曲にすうっと入りこめたんでよかった。
おもちゃ目線って言われなければ「なんの歌だろう」と考えてるうちに曲が終わってしまったと思う。

新曲

メロディは昭和のかほり・・・とゆーか歌謡曲とかフォークとかちょっと演歌っぽいなとか思いました。
でも1回で耳コピできるよーな能力は持ち合わせてないのでまた聴いてみないと分かりません。

ただ、歌詞は、もーダメ!涙ツボ押しまくり。

私ねこういう無償の愛みたいなの歌った曲って弱いんです。
おもちゃは無欲なんですね。さびしいからいつまでも僕のそばにいてよ、とか思わないの。

毎日毎日ずうっといっしょだったけれどもう君は僕のこと必要じゃなくなったんだね
でもそれでいいんだ、それが僕はうれしいんだ、もう僕を捨てて自分の道を歩いて行っていいんだよ。
いつかずっと歳をとって思い出してくれることがあるなら、嬉しいよ。


みたいな内容です。

はあ、もうボロボロ泣いてしまいました。これ書きながらもウルウルしてるし。

これね、おもちゃの歌だけど、自立していく子供を見守る親の歌としても聞けるなあと思ったんです。
今は世界のすべてが母親、と思っている自分の子供たちも、
いつか親から自立して、自分の足で自分の人生を歩み始める日がくるわけで
来ないとまた困るわけだけど、切ない!

そしてその次がこれよ。

全部、君だった

これね失恋の歌でしょ。まあそうなんだけど、この新曲のあとに聴くと
おもちゃに対するアンサーソングに思えてならない。

雨も雲も街も風も窓も光も 全部、君だった

って、そうなんだよね。これ大人の歌として聴くとちょっと重いけど
子供の思いとして聴くとすっと腑に落ちるというか

子供って全力だから
お気に入りのおもちゃがあれば、全存在をかけてそのおもちゃに接するし
まさに幼児にとっては、
雨や雲や街や風や窓や光や、この世のすべての存在を言葉あるものとして知らせ教え導くのは
親なわけだし・・・
それがだんだんと時間をかけて独り立ちしていく、それが育児なのよね。

自立していく子供の歌、としても聞けるんだなーと。
この2曲はも~、ダメでした。いや、よかった。(どっちやねーん)

「ありがとうございました!ツアー3月から始まりますんで、またツアーでお会いしましょう」
といってハケていかれました。
ギターもったらとたんに後光がさすというか、前半のゆる~い感じのにーちゃんとは
違ってめっちゃかっこいいミュージシャンでしたわ。


短い、ってなことも聞いていたので覚悟してたんだけど
こんなに12曲も歌ってくれるとは思わなかったんでもう、大、大満足。

MCとかの順番はバラバラだと思います。もちろん内容も、だいたいこんな感じってことで。

出てきたところに
sp_pg_ph02b01[1]


が、いらしたんだけど、これは・・・・・・・・・・今さっきまで見てた彼と同じ人物とは思えず
思わず笑ってしまいました。あは♪
でもみんなそう思うはず(笑)


スポンサーサイト

*Comment

まさしく 

もうね、新曲と全君はグッときちゃいますよね。
私も新幹線の中で一人号泣。どうしてこんなに優しい歌詞なんだろう。
息子の姿とダブってしまって…。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2009.02/03 01:00分 
  • [Edit]

はぁ~ 

なんだか感動が再びって感じだわよ。
そうそう、晴男CCでもいまひとつ手振りが乗り切れない感じだったわ。あたしの振りたいテンポとちがったの。
子供の頃のそういう出来事って大人になると忘れちゃうのにね。
思い出したよ。そういえばうちはモンチッチのぬいぐるみだったな~どこいったんだろう~って。
ピュアな山ちゃん、いいね^^
  • posted by 十六夜 
  • URL 
  • 2009.02/03 05:54分 
  • [Edit]

たまさん 

そうなんですよ!
やはり、思うのは息子なんですよね。
娘とは、このままつかず離れずとゆーか、このままの距離感できっと一生
いけるんだろうな、と思うんだけど、
息子は、あるときから口もきかなくなる、って言いますしねー
いつしか母親以外の異性を好きになるわけだしねー(ならないのも困るが)
そう思うとなんか切ないんです・・・・
ってあれ?ちょっと違ってきた?(^^;)
  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2009.02/04 16:01分 
  • [Edit]

十六夜ちゃん 

晴男はいっつも、どーもあの手振りが私のノリたい感じと違うんだよね~
まあ楽しいから合わせて振っちゃうんだけど♪

まさよしはどうしてあんなに子供のころの気持ちをふっと蘇らせることが上手なのかしら・・・
やっぱり、天才だなっ!!!
  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2009.02/04 16:04分 
  • [Edit]

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆう

Author:ゆう

本日の名言

いつでも里親募集中

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。