ワタクシゴト。

好きなもの 思ったこと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耐性菌

日に日に幼稚園バスから園児がいなくなってくる今日この頃、
みなさまお元気にお過ごしですか?

今年は流行ってますねーインフルエンザ。

最近、友人が怒っていた。
子供が病院でインフルエンザと診断されたのに寝てれば治るからと、
タミフルを処方されなかった、もうあそこの病院には行かないほうがいいよ!
みたいな話だった。


その昔、タミフルが出たてのころ(まだ副作用が問題になってなかったとき)
息子が病院でインフルエンザと診断され、タミフルを、元気だった娘のぶんまで処方されました。
移るから、いまから飲んでおいてくださいって。

インフルエンザって、幼児とお年寄りと病気の人は気をつけなきゃいけないけれど
普通の元気な人なら、寝てれば治る病気だよね。
実際欧米では、タミフルなんてよほどのことがない限り処方されず、
対症療法で治すらしい。

なのに、日本が騒ぎすぎて、苦情が怖いのか裁判になるのが怖いのかしらないけど、
なんでもかんでも誰にでもタミフル処方して、
乱用しすぎたために耐性菌がもはやできてしまいましたね。
タミフルがダメだからってリレンザにシフトしたからって、また同じ結果になってしまったら
本当に必要な、新型インフルエンザが出た時に、
それが耐性を持ってしまっていたら、どうするんでしょう。ある意味、人災よね。

いつからこんなに怖がりの国になったんでしょう。
平和だから?
刺激がほしいから?
日本全国民、みんなお化け屋敷に入りたいの?

不安をあおるような見出しにした方が、新聞も雑誌も売れるんだそうです。
あおられてますよね、どこもかしこも。

でもね、こんだけ殺伐としてる、昔は良かった、とか言われてるけれど、
戦後半世紀のスパンで考えると、殺人事件の件数そのものはピーク時より
半減してるんだそうです。

ちょうど1年前の今日、1月20日の朝日新聞に”森達也さん”という映画監督の
”不安を煽るメカニズム”というコラムに書いてありました。

日本の治安は悪くなっていないのに、体感治安は最近著しく低下している。
海外から来た友人たちが、
「日本のテレビニュースはなぜこれほどまでに殺人事件ばかりを報道するのだ」と
口をそろえる、などのエピソードのあとで、
”敵がいない状態が不安になり、自ら敵を作りだしてこれを攻撃してしまう。
仮想の敵が設定され、不安や恐怖をあおる。ならばやられる前にやれ。
戦争や虐殺はこうしたメカニズムで発生する。”


冷静にいろんなこと、判断したいもんです。
タミフル耐性菌は困るけれど、不安や恐怖に対する耐性菌は身につけたいなあ~!

子供たちの通う幼稚園でも小学校でも、インフルエンザ患者がたくさん出てるようです。
まだ学級閉鎖とかにはなってないみたいだけれど。
息子の幼稚園は、月末にイベントがあるので、
それにはみんな元気な状態で参加させてあげたいなあ、とは思いますけどね。
毎日いっしょうけんめい、練習してるみたいだから。
スポンサーサイト

*Comment

 

タミフルって予防的に飲むものじゃないよね?

私もある雑誌で読んだよ。
いまの医療は患者からの訴えを恐れてるって。
だから必要の無い検査ばかりしてるって。
だから医療費もどんどんあがっちゃって・・・
昔はちょっと頭痛いくらいじゃMRIなんてしなかったのにね。
転ばぬ先の杖・・・な感じだよね。
  • posted by 十六夜 
  • URL 
  • 2009.01/21 06:39分 
  • [Edit]

十六夜ちゃん 

いまはさすがに予防としてタミフルは処方されないだろうけどね~。

うん患者も、学校の保護者もすぐ訴訟とかするからね。
結局、いいぶん通らなくて負けることも多いんだけど、それでも
訴えられたっていう体裁が悪いから、それを防ごうとつい言いなりになっちゃってるんだよね
なんかいろんなとこが、もっと度胸すわってなきゃーと思うわ。自分を含めて。
  • posted by 夕顔 
  • URL 
  • 2009.01/21 10:24分 
  • [Edit]

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆう

Author:ゆう

本日の名言

いつでも里親募集中

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。