ワタクシゴト。

好きなもの 思ったこと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SSAC@横浜 まさよし編

息子の野球チームの友達にナントカまさよしという子がいるらしく、
最近「まさよしが、まさよしが」と言うのでいちいちどきっとしてるワタクシです。

とかいうどーでもいい情報は置いといて。


昨日のまーくんはどうだったかというと、
他のアーティストがだれかのサポートとしてコーラスやらなんやらで登場する中、
サポート役にはまったく回らず(呼ばれず?)
自分の出番に出てきて、最後に福耳で出てきて、その二つの登場だけでした。


まさよしの出番は後半戦、休憩後2番目のゲストでした。
譜面台が出てきたのでああ次だわと確信w

たぶん明日のめざましあたりで流れるのはこのシーンじゃないかと思いますが、
シンタくんアフロで登場~♪
アフロ、似合います。色も黒かったしシャツもでーはーだったので。
顔の濃い人がアフロって似合うよね・・・。
ああいうコスプレ久しぶりに見た気がする。
つけひげをつけてきたものの、つけたばっかりだったようでちょっとしゃべったら取れかかってしまって、
取ったらノリがついてたようで、タクヤに「ノリついてる」ってツッコまれて
笑った笑顔がか~~~わ~~~~~い~~~~~~い~~~~!(はいすみません)

アフロのまま、ひげを取ったまま歌いました。ヒゲあったほうが好きだったなあ~
サマータイムブルース。

サマータイムブルースは、キヨシローさんのオリジナルかと思ってたら
洋楽だったのね♪
まさよしの、まどろっこし~い、わかりにく~い、メッセージの出し方が
なんかわかったような気もしたようなしないようなw
間に「スキマ10周年おめでとう」とかセリフをいろいろ入れてました。

歌い終わった後、うしろを向いてアフロのヅラを取ったと思ったらすぐに帽子!
すごい早着替えw
どよめいた客席にドヤ顔のまさよし。

その後スキマの、「スモーキーレイニーブルース」を。
すごい難しそうなややこしい歌でしたが歌いこなす二人はさすが。
かっこいい歌だったなー。原曲聞いてみたい。

そしてタクヤが
「この曲すごく好きで、歌ってみたくて、みなさんも聞いたことある方いると思うんで歌ってください」
という前振りMCの間にレゲエ調の伴奏が流れてたから
「セロリ?晴男??」と思ってたら、愛のしくみ!
さすがタクヤセレクト、いいとこついてくれます♪
やったー久しぶりにこれ聴ける!と思ってたら、マサカのタクヤひとりカラオケ状態で
ものすご歌い上げてくれましたが、コーラスすら参加しなかった山さん。
山さん歌ってくださいよ、いいよオマエ一人で歌えよ、とかなんとかいうやりとりがあったんじゃないかと
妄想しつつも、これ久しぶりなんだし
まさよしの声で聴きたかった・・・・・。

そのあとアドレナリン。
この曲って盛り上がるよね~~~。
なんだろうこの曲の魔力。ちゅるるるっちゅっちゅっちゅ~の前奏が流れたとたん
ぎゃああああああっっ
ってっちゃうこの曲の魔力。
ファン投票で好きな曲ランキングしたらきっと、10位までには入らないであろうのに
こんなに盛り上がるのは、やはりアドレナリンの魔力??
思い切り踊って歌ってはじけて、さあ盛り上がってまいりました、いよいよこれからです!!!
というときに、ステージは終わったのでした・・・・。サヨーナラー。


タクヤって、基本的に私たちと同じスタンスじゃないですか(殴らないで最後まで聞いて)
私たちと同じ、ものすご、山崎まさよしのコアなファンじゃないですか。
山崎まさよしに求めるもの、というインタビューの質問に、
「ライブでもっといろんな曲やってほしい」と答えるとこなんて、
私たちとおんなじ、ただのファンじゃないですか(褒めてます)

そのタクヤプロデュースというから、どんな曲が聴けるのか?ちょっとわくわくしすぎたかも。
アドレナリンもよかったけど、もっとコアな曲聴きたかったな~
だって直接、「これやってくださいよ~」って言えるファンって、いないもの!
だから私たちの気持ちを代弁してくれるんじゃないかと期待してたのです。
ま、いろいろ言っても断られたのかもしれないけどw


それにしても、まさよしのギターソロがけっこうあったんだけど、
タクヤの方を向いて、ぜんぜん客席見ないで
でも背中見てるだけできっといま世にも楽しそうな顔して弾いてんだろうな~ってわかるような
ウキウキがにじみでてる背中で、
ラブラブでふたり向かい合って弾いてる姿は、ほほえましかった!
タクヤがすごーく嬉しそうな顔してるのが印象的でした。


この日はすごーく楽器が多くて豪華だった。
シンタくんのピアノはずっといるし、キーボードもあるし
シカオ似のお兄さんのドラムにたまにあらきゆうこのドラム、
演者以外にベースとギターのお兄さんたちもいてあとはすごくいい仕事してたらっぱ隊。
サックスとトランペット。かっこよかった~。

そんなこんなで豪華だったのですが、豪華すぎてたまに歌声が聞こえな~い!ってことも。
これって前過ぎで、楽器の音をスピーカー通さずともじかに拾えちゃうから
余計うるさいのか?とも思ったけど・・・どうだったんでしょう?
でも、タクヤの声は負けないんだね。だからこそのあのバンドなんでしょう。
そしてぜんぜん負けない方がもうひとり、そうです、真打ち山崎まさよし。
やはり声でかっなまさよし、ちゃんとしっかり一言一句聞き取れましたよ。
いい声でしたよ、あんまり歌わなかったから分からないけれどー←根に持ってるw

それにしてもコーラスでもサポメンでもいいからもうちょい出番増やしてほしかったなあ~
おっちゃん遠慮したのかしらん?
でもサダさんとか杏子さんは出てきてたしなー。
ホラ、お年寄りでもなんらかの仕事をすることがボケ防止にもつながるっていうし(なんの話だ)

ゆうくんと秦くんとスキマで盛り上がってるのを見るのも面白かったけれど、
先輩組が好きで、先輩組のノリがおもしろいなーっと思いながら見てきたオーガスタファンとしては
あの内輪ノリにちょっとついていけなくてさびしかったり。
世代交代を感じてしまったオーキャンでもありました。
スポンサーサイト

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆう

Author:ゆう

本日の名言

いつでも里親募集中

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。