ワタクシゴト。

好きなもの 思ったこと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手紙

手紙 (文春文庫)手紙 (文春文庫)
(2006/10)
東野 圭吾

商品詳細を見る


たしか映画化した原作だったなーと思いつつ、
ベストセラー作家だけど、たぶん読んだのは初。
2日で読んでしまった・・・読みやすくページをめくらせる吸引力はさすが。

犯罪加害者の家族の物語。

たしかに、そういう差別というか、忌むものを避けたいという庶民心理、ありますね。
善悪じゃなく、たしかに、あるんだよということを描いている。



結婚やバンドデビューで家族歴調べられるのはわかるけど、
就職の時に自分の兄弟の職業とかまで書いたっけ?
正社員で就職したときも兄弟はおろか両親の仕事さえ書かなかったよ。
今の職場も、夫の職業なんて書かないし。


なのでそこんとこ(大事なとこなんだけどさ)がいまいちリアリティを感じられなかった。
案外もっと複雑に、バレないんじゃないかなあ、なんて。
まあ、バレないとテーマが進まないのです。

映画のキャストを見て、いろいろイメージと違ってもんどりうってる。
まあそういうもんよね。
スポンサーサイト

*Comment

こんばんは~ 

息子さんの咳は良くなりましたか?
玉ねぎ様様になってくれてると、いいんだけど・・・・・

この本すごーーい前によんで、私は、ひーひー泣いたような・・・でもその時一緒に読んだ同じ東野圭吾の「悪意」の方が、リアリティを感じたのおぼえています!
そうそう、これ、、、エリカ様だったんだよね!
とにかく、演技よりも何よりも、関西弁がへたすぎて唖然・・・・・誰も注意できなかったのかも(笑)
  • posted by ぴょん 
  • URL 
  • 2012.07/25 00:19分 
  • [Edit]

ぴょんさん 

どうもその節は!
玉ねぎ様さまだったよ~。ほんとにすごい効果!
この技、冬にも大活躍してくれそうよ。加湿器よりぜんぜん効きそう!

> この本すごーーい前によんで、私は、ひーひー泣いたような・・・でもその時一緒に読んだ同じ東野圭吾の「悪意」の方が、リアリティを感じたのおぼえています!

ああ・・・面白かったけど泣かなかった私の感受性って・・・w
悪意ね、これも映画化してたっけ?
読んでみまーす!

> そうそう、これ、、、エリカ様だったんだよね!
> とにかく、演技よりも何よりも、関西弁がへたすぎて唖然・・・・・誰も注意できなかったのかも(笑)

そうそう、エリカ様があの役!?ってのにまず違和感。
関西弁は、ダメよね、関西人のキビシイ目が光ってるし!
今をときめく尾野真知子さんあたりがやってるあら見て見たかったなあ。
  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2012.08/06 22:01分 
  • [Edit]

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆう

Author:ゆう

本日の名言

いつでも里親募集中

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。