ワタクシゴト。

好きなもの 思ったこと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廃墟建築士

廃墟建築士廃墟建築士
(2009/01/26)
三崎 亜記

商品詳細を見る


●廃墟に魅せられ、廃墟建築士として生きてきた私。この国の廃墟文化の向上に努めてきたが、ある日「偽装廃墟」が問題になり…「廃墟建築士」●巷でおこる事件は七階で起こることが多いため、七階を撤去しようという決議が市議会で出された。マンションの七階に住む僕は、同僚の並川さんに誘われて反対運動に参加することになったが…「七階闘争」●会社から派遣されて、図書館でしばらく働くことになった私。本が“野性”に戻った姿を皆に見せるのが今回の業務だった。上手くいったかに見えたが、思わぬ事態が起こり…「図書館」●蔵も蔵守も待ち続けていた。自分たちの仕事を引き継ぐ後継者がいつかやってくることを。いつか現れるだろう略奪者との戦いを。…「蔵守」
ちょっと不思議な建物で起こる、ちょっと奇妙な事件たち。三崎ワールドの魅力あふれる最新作品集。




日常の延長線上に、非日常をするっと滑り込ませるのがうまい作家さん。
SF好きだけどリアリティを求めちゃう人にはたまりません。

これは初めて読んだ彼(この方男性らしいです)の短編集。
この中で「七階闘争」が面白かった。

七階での事件発生率を減らすため、七階を撤去するという方針を打ち出したとある地方自治体。
歴史的に七階ができたのは八階よりずっと後で、もともと世界最初の七階は、地面の上に直接作られていたという。

~「七階」という会が、ほかの階から切り離されて単独で大地に立つ状況を想像してみる。それはどうしても、「一階」にしか思えなかった。~

というくだり。まあ笑った。


そして感心。


文章で人を笑わすというのは、泣かせるよりずっと難しいんじゃないのかと思う。
最近じゃバラエティで「笑いどころ」にあはははは!という一種クレイジーな笑い声が入ってないことなんてないしたとえ聞き取れなくてもテロップで笑いどころを教えてくれる。
ドラマでも間とか、音楽とかで笑いどころをわかりやすく明確にしてくれる。
いつの間にか、笑いどころを教えてもらってから安心して笑う、というのに慣れてしまった。

そして文章。
メールだの、こういうブログの記事だのは、絵文字や、(笑)とかwwwとかいう記号によって
「これは悪意ではないですよ~。冗談だから安心してね」という気持ちを
簡単に付加することができるようになった。
ご存知の通り私も多用してますが(笑)
それで文章力の欠如を補っている。


でも小説はなかなかそういうわけにいかない。
小説の場合、さあ、笑おう、と思ってページをめくる人は少ない。
私の読み方だけど、最初はどんな話かを把握するのかが精いっぱいですごく真面目に読んでしまう。
あまり浮ついた文章だと読む気をなくす。
笑ってくれ~という思いが文章からあふれてるのを感じてしまうととたんに醒める。
そんな気難しい読者が気難しく話を読み進めてるのに「ぶはっ」と笑ってしまうというのは
すごいエネルギーだと思う。
そんなエネルギーをもった文章を作り出せる人は、やっぱりプロだなあとリスペクトしてしまう。

まあ、笑いも音楽と一緒で、好みがあるから一概には言えないけれど。
この七階闘争だって、ちょっと深いものを含んでるから、たぶん笑ってもらおうと思って
作った話でもないのかもしれない。
でも、笑えるってステキ。今月のおごりますじゃないけど、笑いって大切だよ!


私も、(笑)とかwwwに頼らずに、もうちょっとちゃんと文章を書けるようになりたいもんだ、と
反省した一冊でしたwww

スポンサーサイト

*Comment

 

感心!という言葉、三崎さんの作品を読んだあとの読後感として、とてもしっくりくる言葉だなと思いました。
そして、何度もまた読みたくなる中毒性。

「図書館」が好きでした。着想とか、自分が図書館好きなのもあると思いますが。

三崎さんって、お名前だけ見たときは、女性かなと思いましたが、何冊か読んで、彼の書く「女性」を何人か見て来たら、「男性が書く女性」だなという感じがしたので、男性であることにもしっくりきました。それでも、三崎さんの書く「男性が書く女性」は、嫌じゃないなと思います。むしろ好きと思えるので、そういうところも、個人的には、繰り返し読めるポイントだなと思いました。
  • posted by すぬっぴ 
  • URL 
  • 2012.06/28 20:00分 
  • [Edit]

すぬっぴさん 

図書館、私も好きだったー!
夜の図書館、私も見てみたいw

三崎さんはすごく平坦な、冷静な筆致で終始書かれているのに
感情の起伏が読み手にちゃんと伝わるのがすごいなあと思ったりします。
ほんと、文章は男性ですよね。
彼の描く女性は、知的でミステリアスな感じ。きっと三崎氏にとって女性はミステリアスな
存在なんでしょうね。
すぬっぴさんもそういわれれば、三崎作品に出てきそうな女性かも!


  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2012.06/30 06:39分 
  • [Edit]

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆう

Author:ゆう

本日の名言

いつでも里親募集中

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。