ワタクシゴト。

好きなもの 思ったこと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

艱難辛苦

かんなんしんく。つらいこと、苦しいことって意味。

娘5年生の3学期に、習字で四字熟語を書いてみよう!というのがあった。
6年生の目標の四字熟語を書初め用紙に書く。

娘は、なるべく書きやすいもの!というのを基準に選び「公明正大」にした。
いいチョイスでしょ?意味としてもいいし、書きやすいし、これきっと大人気よーと思ってたら
授業参観時に見たところ、公明正大と書いているのは娘だけ。
一番人気は「一期一会」、あとはさまざまな四字熟語が並んでいた。

「安全第一」って工事現場かっ てなものから知らないような四字熟語、
七転八倒のような、オイオイ、目標それでいいのか?・・・・てなものまで。

で一番強烈だったのが「艱難辛苦」
なんで来年の目標にそれ選んじゃったかなー。

と、思っていた。




さて先日京都に行ったときに、梅の名所「北野天満宮」に寄った。

そこでお参りしておみくじを引いたんだけど、「凶」。

凶なんて久しぶりだよ・・・・宮島で2年連続初詣で引いた以来だ。
今年の初詣では、たしか末吉とかだったから・・・・着実に悪化してるし!!

「しばらく艱難辛苦が続くが乗り越えれば神のご加護があるでしょう」

みたいなことが書いてあった。

うわ艱難辛苦なんてあの習字以来だよ・・・とショックだったけれど
なんかかえって肝が据わって、よしがんばろうと思えたんだ。


でもね、艱難辛苦、続いてますよ。
最近ホント運がない。運もそうだけど・・・なんかいろいろな歯車がガタガタとうまく回らない。

先日のデータ破損の件は、自力で復旧を試みちゃったらやることやること裏目に出て、
結局業者にお願いすることに。
お願いしたのは、やたら広告が目についた某業者。
データ(写真)がもう見られないのかあ・・・と落ち込んでいたので、
目についた業者以外に探すという心の余裕がなかった。



来社で持って行けるということも聞いていたので、夫に頼んで翌日持っていこうかと思ってたけれど
なんだか手続きがややこしそうだったし
「一刻も早い対応が必要なので、HDDを送っていただくことをお勧めする」と言われたので郵送することにした。

「梱包はどのようにしたらいいんですか?」と聞くと

「タオルとかをまいて袋かダンボールに入れてください」みたいなことを言われたので

なんかそんなフランクな感じでもいいんだっけ・・・と思ったものの
でもプチプチを二重に梱包、その周りに新聞紙を敷き詰めて送った。

で、業者に届いて見積もりの電話の時に

「HDDは壊れていなかったということですが破損していますので
修理は全面復旧が必要となり○○円になります。」

とまあ予想をはるかに上回るすばらしい金額に。

でもかけがえのないものなので直してもらうことにしました。私のなけなしのへそくりはたきます。


ただね、送るときHDDは破損してなかったと思うんですよ、送る直前にダンナが電源を入れてしまい、保存データはちゃんと見れたから。

と業者伝えたところ

「経年劣化か振動によるものか、(自力)リカバリのため長いこと使用し続けたため
摩耗したためか」

と言われる。

通常、それ(破損個所)が壊れてたらデータは見られるのか?と聞くと

「通常は見られません」という。


自力リカバリをしたあとに、動作確認したんだからリカバリが原因ではない。
ちゃんと稼働したんだから経年劣化も違う。
ならば、運送中のこと?


と思い、ヤ○トに電話。でもダメでした。

要するに、
・こっちがいうことを立証する手立てはない。(たしかに、電話で状況を説明しているだけだからね)
・動作確認したかどうかも立証できないし、破損状態を調べることもできない←修理中だから
・箱に問題がなかったので、運送中の事故と立証する手立てはない
・荷受人からクレームもついていない(そりゃ向こうは業者だからクレームなんて出すわけないんだけど)

仮に運送中に振動によって破損したとしても、そこまでの精密な故障については
免責になります。

とのこと。

たしかにそうなんだよね。
第一に向こうにしてみればこっちの言うことは、考えようによっちゃ全部つくり話だともいえるわけで
だからそれを立証しなきゃいけないんだけど、
立証しようがないし。


向こうの言い分はあまりにも明白なので結局あきらめました。
もとはといえば私の過失が招いたことだしね。

でもね、やっぱり納得いかない・・・
だって状況的に見て運送中にコワレタと考えてしまうし。
そんな精密な機械をどうして荷受けするのよー。←責任転嫁?
パソコン宅○便ってのがあったならそれを先に教えておいてほしかったなぁ・・・
まあ無知な私が悪いんですけど。

こういうこといいたかないけど物流って、やっぱりけっこうイイカゲンだと、
引っ越しを何度も繰り返しあげくに今回の件でやっと学んだ私の結論です。
今回のことを教訓に、大切なものは自分で運ばなきゃね。


でもよくよく調べたらすぐ近くにもデータを復旧してくれる会社あったし
そこなら自力で持ち込めたよな・・・・そしてたぶんもっと安かった・・・

とまあとにかくやることなすこと裏目裏目に出た出来事でした。


この件はこれで終わりだけど、「艱難辛苦」はまだもうちょっと続きそうです。
他にもいろいろと種はあるのです。厄年でもなんでもないんだけどなあ・・・。

まあでもね、乗り越えたところに「神のご加護」があるらしいし、
禍福はあざなえる縄のごとしってねー。
悪いことが悪ければ悪いほどいいことが大きいのだ!と言い聞かせて。
いいこともあったし。新しく楽しい出会いもあったし、今年は役員免れたし♪



そうそう、おみくじには
「家庭・・・・大切せよ。失うと身の破滅」とも書いてあった。
身の破滅て!なかなか見ない文言だわよ。
えーと大切にするって主に夫のこと?←心当たりありすぎ。
身に染みるわあ~。
スポンサーサイト

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆう

Author:ゆう

本日の名言

いつでも里親募集中

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。