ワタクシゴト。

好きなもの 思ったこと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

邪魔

邪魔邪魔
(2001/04)
奥田 英朗

商品詳細を見る


上下2段に分かれている分厚い単行本。
でもすぐ読めてしまう読みやすさとストーリー展開はさすがの筆者。

いろんな人が出てきていろいろ話が交錯していってかき回されて
ここまでしっちゃかめっちゃかになっていっても大丈夫なの?と思わせて
結局最後にはいろんなシコリがウソのようにほどけてしまう様はいかにも小説といった感じだけど
時を忘れて夢中になってページをめくるという読書の楽しさを与えてくれたのも
まさに小説ならではの味わいでした。

最後、平凡な主婦が転落していくさまは、あれは、オンナとしてというより
母親としてあの行動は不自然だと思うけど、いろんなレビューにも同意見が多いようでした。


この人の小説がいま新聞小説になっていて
最長記録で毎日読んでる。小説欄から開くくらい。
ちょろっとずつしか話が進んでいかないもどかしさもあるけれど
毎朝のささやかな楽しみがひとつある、という新聞小説の魅力が
うっすらながら分かってきた。
とにかくこの人の文章は読みやすいんだよねえ。


そして引き続きいま読んでるのが、お堅いイメージのある作者だったけど意外にも読みやすくて面白い。
ちょっとアタリが多くて嬉しいかも。

スポンサーサイト

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆう

Author:ゆう

本日の名言

いつでも里親募集中

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。