ワタクシゴト。

好きなもの 思ったこと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんのかんのと

なんだかこの秋は私にとって、はじまりの秋のようです。

いろいろと手を出してたことが、ここにきて実をつけはじめ、いろいろ始まるようです。

で、仕事もそろりそろりと始まり。

子育ての経験が役に立っているなあと思う反面、うちの子にはこんなに余裕もって
接してあげられなかったなあ、こんなにみっちり遊んであげなかったなあ、などとチクチク思う。

もちろん、子どもに対する責任はあるのですが、責任の種類が違う、ぜんぜん違う。
結局、「将来のことを考えすぎる」ということがあるかないかの違いなのかも。
親だと、つい考えちゃうんだな、余計なことを。

この子はこんなことじゃいけない!
いまこんなんだったら将来困る!
あの子はこんなにできているのにうちの子はこんなんでいいんだろうか?

的なこと。
ちまちまと考えてしまうんだよなあ。(現在進行形)

「先生」という立場であれば、とにかく「いま」の成長だけを考えられるから
余裕が生まれるのかもしれないよね。
というようなことをしみじみ実感。

たとえば公園とかでも、となりあってブランコこいでるだけでも
お母さん同士なら、
「○○ちゃんは○才なのに立ちこぎもできるのねえ、それに比べてうちは・・・」
となってしまうわけですよ。
人生に渡ってなんの役にも立たない、どーーーーーでもいい能力(ブランコ立ちこぎ)でさえ、
ため息のもとになったりする。

なんかね、これって偏差値教育の弊害か!?みたいな
教育学者みたいなことまで考えてしまう。
人と比べちゃうクセ、なんとかならんかなあ~。

子どもに付き合って公園に行くことなんて皆無になったいまとなれば、
もっと遊んでやればよかったなあ~、
こんなかわいい時期にもっと無心で遊べばよかった!と思うわけですよ。
ま、今からでも間に合うことをしていけばいいわけだけど。

結局「いま」を大切にいつくしんで子育てしていければいいんだよなあ。
この手法を自分の子に使えればいいんだよね・・・。

いまだけを考えて、無心にね。


書いてるだけでもう挫折しそうだけど。




スポンサーサイト

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆう

Author:ゆう

本日の名言

いつでも里親募集中

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。