ワタクシゴト。

好きなもの 思ったこと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夜中の病院(食事中不向き)

昨夜のこと。

夏休みになってすっかり宵っ張りになった息子。
昨日も10時過ぎにベッドに向かいました。

だけど、すぐに私のもとにやってきて、お腹が痛いという。
見れば右下脇腹を押えている。
お水でも飲む?と、水を飲んでまた寝に行ったけどまた戻ってきて痛くて寝られないという。

あまりないことなので、右下腹の痛みを家庭の医学で調べてみた。

すると盲腸が右下腹にあるというではないの。

盲腸だったら大変!と、夜間診療に行くことに。
寝ているお姉ちゃんはそのままに、ダンナがもうすぐ帰ると言うので任せて家を出た。


おかげさまで最近はすっかり病気などしなくなったので夜間診療なんて赤ちゃんのとき以来?
がやがや激混みの印象だったんだけど、閑散としていた。

すぐ近所に建ったこの病院は私が引っ越した後にできたもので、
ちょうど子どもたちがまだ小さくてしょっちゅう熱を出してひーひーしてた時期は
なにかあると保健センターに開設された設備の悪い診療室か、
隣の市の病院まで車で30分かけて行かなきゃいけなかった。
便利になったなあ~。

行くと、まず看護師さんによる「トリアージ」があり、熱や体調やお腹を診られる。
熱は37.4℃。
この子は平熱でも37.2くらいなので、そんな驚かないんだけど、世間一般的には
微熱ぎりぎりのラインですかね。
そのせいか上から2番目の、”準緊急”なんてとこに○をつけられて診察室で待つ。

本人は歩けるし、「左も痛い」とか言い出すしなんとなくこりゃ違うんじゃないかなーと思いつつ
先生のもとに。

右や真ん中や左をぎゅうぎゅう押されて「どこも痛い」とか
本人もよく分からなくなってる様子。をい。

先生も、「虫垂炎じゃなさそうなんだけど、レントゲン撮ってみましょう」とのことで
レントゲンをとり再び診察を待つことに。

診察を待つ間、なんだかお腹の痛みも落ち着いてきたようで、
ちょっと元気になってきた息子。
目下の楽しみは、「いつ0時になるか」

正月の一件 では、0時をぜんぜん越せなかった息子、
この日は目をらんらんと輝かせて時計をにらんでいる。

そして診察室の時計が12時に・・・

やったー新記録だ!と小さく喜ぶ息子。

まあこんな調子なんで、母としては安心してたんだけど、先生の診察へ。
「ガスやう○こが溜まっててお腹が痛むと言うこともあるので、浣腸してみましょうか?」

息子は渋ったけど、この際お願いすることに。

ここから20分くらい待たされ、無事排出なさったあとまた20分くらい待たされ
深夜診療に行って風邪引いてしまいそうなほどでしたが
本人は「すっきりしてお腹痛くなくなった」んだそうで、なによりです。


先生の見立てでは、

「便秘でお腹が痛かったのかな?とは思いますが、
虫垂炎は判断がつきにくい病気なので、またお腹が痛むとか、微熱が続くようでしたらいらしてください」

とのことでした。

で!
ダンナがさぞかし心配してると思って急いで帰ったら高いびきで寝てたのよ、どーよ奥さん!

「盲腸は病気じゃないって昔教わった・・・」ってそれ誰からじゃい。

虫垂炎(いわゆる盲腸)はほっとくと腹膜炎になってともすれば死んでしまいますからね。
抗生物質で直しても、癒着したりすると腸閉そくになることもあるそうです。
ポピュラーな病気でも決してあなどれない・・・だから”準緊急”なんだよね。

結局2時間かかった。
時間はかかったけど、丁寧に診てもらえて安心した。

私全般的にもう、医療関係者と夜勤する人を尊敬してしまう体質。
お医者さんはもちろん看護婦さん放射線技師さん受付のおじさん警備員さん、
昨夜は夜通し働いたんだろうなあ。
特に看護師さんって役割的に汚くて細かくてめんどくさい仕事受け持ちなのに
にこにこテキパキしていて、もう、かっこいいー!

息子もおりしも昨日の昼間、
「夜中じゅう起きてる人っている?どろぼうとか?」
って聞いてきたので、夜中じゅう起きてるのがどろぼうだけじゃないと実感できてよかったわ・・・。

てなわけで新記録1時まで起きていた息子、さっき起きてきて、もうお腹痛くないようです。
このまま治るんじゃないでしょうか。


以下ちょっとキタナイ話。


どうやら、便秘でお腹痛くなった息子・・・

でもね。

便秘っていってもね。


昼に出たんです。

前日も出たんです。

その前日も出たんです!!


だいたい、一日3回することもあるんですよ。食べたらそのまま、みたいな。
オマエはギャル曽根か。

そういう子でも、1日2回が1回になっちゃうと溜まって痛くなっちゃうとか・・・。
どんな体だっ!
スポンサーサイト

*Comment

身につまされて 

す、すみません。
夜間診療ではないものの、わたしも同じような思いを母にさせたことがあり・・・
お腹が痛くて小児科に行ったら下剤をお尻から入れられ(多分・なんたって30年以上前の話なので)、ものの数分で脱糞、嘘のように痛みが治まったのでした。

その後家庭でうんこネタが出るとこの時の話が出て「あの時は恥ずかしかった」と何度も言われたのであります、はい。

え?一日三回くらい出ませんか?
わたし二回は必ず出ますけど・・・
  • posted by やぶ 
  • URL 
  • 2011.08/25 23:10分 
  • [Edit]

やぶさん 

そ、そんな語り草が~

小児科で浣腸ってよくある処置なのかと思ってました!
子どもってお腹が痛いと頭とか吐き気とか、全身ぐったりしちゃうんだよね。
我が家では娘1回息子2回が病院にて浣腸のお世話になってますヨ。
最近私もやっと学んだのでイチジク浣腸常備しておこうかと。。。

で、やぶさん1日3回なんですか!?
だから細いんだね・・・・。
  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2011.08/29 10:44分 
  • [Edit]

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆう

Author:ゆう

本日の名言

いつでも里親募集中

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。