ワタクシゴト。

好きなもの 思ったこと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二人静

二人静二人静
(2010/09/17)
盛田 隆二

商品詳細を見る


三十三歳の、同い年の男女が出会った。周吾は未婚で、認知症が進む父親との二人暮らし。女のあかりは、彼女としか話しができない場面緘黙症の娘との二人暮らし。彼女は、父親が入所する介護老人保健施設の介護士だった。彼は、あかりに惹かれていくが、それぞれがさらに大きな事情を抱えていた……。――人は本当に愛する人のために何ができるのか。感動大作!



赤い指の前に読みかけてたのがこの話。
この話も老人介護の話、そして赤い指にも老人の痴呆症の問題が出てくる。
だからごっちゃになったのだけど、この物語に出てくる人たちはみんな堅実で懸命に生きてて心洗われるぅ~。

とにかくリアルでした。
今のところ縁のない老人介護の事情なんかもすごくリアルで、だからこそ重い気持ちになった。
あかりさん、ものすごくいろんな事情をこれでもかと抱えてるんだけど、
こういう波乱万丈ながらがんばってる人、もっとたくさんの事情を抱えてる人、きっといるんだろうなと思う。

で、読みながら早い段階でこうなっていくんだろうなあ的な予測はついてしまったのですが
だいたいはその通りになっていくんだけど、
ストーリーを読むとかいうよりも、それぞれの登場人物の心の動きがものすごく緻密に描かれているので
予定調和的に話が展開していっても陳腐ではなく、話の流れるスピードに心がついていったという感じ。

最後の終わり方がすごく好きでした。
盛り上がって大円団、的な終わり方じゃないところがすごく良かった。


これ、ただいま大人気の本なのですよ。
母にぜひ借りろと勧められ図書館で予約したら8人目で、2カ月くらい待ってやっと手元に届きました。
うちの小さい市で8人目でしたが、母はなんと80人待ちだったとか。



分厚い本だったけど読みやすく、5日ほどで読み終えてしまったので、夫にぜひ読んでみたらと勧めた。

「二人静かあ、聞いたことはあるよ。」

って、アナタが言ってるのはこれじゃないの?




けっこう好きだったなあこの曲。
スポンサーサイト

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆう

Author:ゆう

本日の名言

いつでも里親募集中

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。