ワタクシゴト。

好きなもの 思ったこと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OKST2010@福生市民会館②

ここを読んでくださってる方には、まさよしファンでない方もいらっしゃるようです。
そういう方たちはこういう記事読まないと思うけど、ちょっと補足説明。

OKSTっていうのはですね、正式名を One Knight stand tourといいまして
山崎まさよしの弾き語りツアーの名称です。
弾き語りだから、最初から最後までずっとひとりです。
97年から数年ごとにやってきた、彼のファンの間では一番人気の高いツアーです。
今回は5年ぶりのツアーで、新しいアルバムHOBO’S MUSICを引っ提げてのツアーです。
4月までやります。チケットはこれから売りだされるものもたくさんありますわよー。

HOBO’s MUSIC(初回限定盤)(DVD付)HOBO’s MUSIC(初回限定盤)(DVD付)
(2010/10/27)
山崎まさよし

これですわよ


弾き語りだから静かで地味なバラードばかりやるライヴなのかといったら大間違い。
すごくグルーブ感あふれるにぎやかで楽しい曲もたくさんあります。汗かきます。
目つぶって音だけ聞いてると、とてもひとりだけで弾き歌っているとは思えない。

いつも音を重視していて、すごく心地のよい音量で聴かせてくれます。決して爆音ではありません。
しっかりとギターやピアノの音を堪能できます。

ギターとピアノだけを使って純粋に弾き語りすることもあれば、
そのまえにタンバリンやボイスパーカッションでリズムをとって、
それをループさせて流しながらそのリズムに合わせて弾き語ったりします。
リズムを作ってループさせて音を乗せていく、その職人技を見てるだけで楽しめます。
ファンの言うことだからあんまり信用できないかもしれないけど
彼のライヴは、あんまり曲を知らない人でも、ファンじゃなくても、
ファンやめかかってる人でも、楽しめると思います。
特に今回のは。音楽が好き、という人には一度体験してもらいたいなあと。

詳しくは コチラ


つらつらと書きましたが。
今回のライヴを見て、山崎まさよしはもっともっと、評価されてもいいはずだ!と思っちゃったのよ。
だってなんだかくやしいんだもの。
30代くらいの女性に愛される癒しの音楽、だの、
一部マニアックな人たちだけが熱狂的に好きな音楽、みたいな位置づけになっちゃってるのが。
癒しとかマニアックとか、否定はしませんがそんな簡単な言葉であの人の音楽をくくってくれるな!
という。

あんなすごいことできる人、日本に他にいるんだろうか。否、世界にどれほどいるんだろうか。
売れる売れないじゃなくて、正当な評価っていうのをもっと受けてもいいんじゃないかなーと。
紫綬褒章とか、国民栄誉賞とか、菊花賞とか(違?)
と思ってしまうくらいとにかくすごかったライヴ感想の続きは追記にて。











↓↓↓


パンデイロを何回かやりなおして始まったロックペンギン。
アコギ弾き語りバージョン。(アコギだったよね)
リズムは同じだったけれど、最近おなじみだったロックなペンギンとはまた一線を画すアレンジ。
かっこよかった~~。特にギターソロがあああ。長かった。
さすがOKSです。思う存分ギターソロを堪能。

そしてパンテイロでリズムを作って、そのあと初めて3本目のギター(名前の分からないやつ)で
リフを作って重ねて、、、あ、もしかしてIntrodactionやってくれちゃう?と思ったら
ステレオでござった。
もうここらへんの重ね方がまさに職人技。かっこいいのなんのって。
いやもうほんと、これはひとりバンドです。

最初の特長的なリフ(というのでしょうか)をギターでループさせてのI'm sorry
この曲はまさよしの音楽の王道をいく感じ・・・アルバムでは私はいまいちピンときてなかった
曲なんだけど、ライヴで聴くとたのしい~明るい!
でも、、、、そろそろ終わりの予感。

そしてHOBO。なんだかすごく一音一音丁寧に言葉を重ねてた感じ。
これも弾き語りで魅力が増幅される曲です。(ってか全部ですね)
そして〆はやはりやってくれました。晴男です・・・・メドレーでした。
だからやるならふめんは(以下略)


アンコール、わりと早く出てきてくれました。
ステージ左手にハケていって、右手まで来てくれて私たちの前に・・・
わお、ホントの等身大だわ。

「ホームセンターは男の夢が詰まってる」とか言ってたような。
ここだったかな、もっと前だったかな、きみまろさんの話をしてました。
「このまえお会いしたんですよーNHKで。出るって知らなかったんですよ!ipodにきみまろさんのCDを入れてずっと聞いてるんですよ。今はまだ・・・きみまろ年齢ではないですよね。もう少ししたらツボに入ってくるかもしれませんよ。笑」
そのあとこの日一番のツボがあったんだけど、口外するなっていうから言えません・・・・。


ギターのボディを両手で叩いてリズムを作る。アレルギーだ。今回はすんなり成功。
盛り上がる~。

そのあと、ピアノに行った。
ここでワンモアとか歌ったらすごいなあ・・・でもワンモアはなあ。
と思ってたらあのイントロがっ・・・!観客どよめく。
まさかまさかのワンモア。この日のワンモアはすごかった。打ちのめされた。
この曲はやはりものすごいパワーのこもった歌だと思う。会場の空気が一変してしまう。
花火、いい曲だなあ、と思ってたけれどこうして2つを同時に聞いてしまうと
やはりワンモアのもつ圧倒的なパワーにはかなわないかな、と思った。

そして最後は、予想どうりのブランコ。
いい曲です。もうこんな時間だ、ヘイヘイヘイ・・・が切ない。ああ、終わりなのね。
アンコールは1回きりなのね。

「ありがとうございます。今日はいいツアーのスタートになったと思います。4月まで続きますんで、また・・・いらしてください。この寒い冬を一緒に乗り切っていきましょう。山崎まさよしでした」


ほんとに楽しい2時間だったけれど短かった・・・
アンケートに「これから歌ってほしい曲」を3曲も書かせる質問があったし、
セトリはどんどん変わっていくような予感がします。
インストアではやった創世歌がなかったし・・セロリのとこで歌う予定だったのか
ルナとかと日替わりなのか。
リクエスト曲をどのあたりでやったのかも、なんのアナウンスもなかったので分かりませんでした。
でも、なんとな~く、ワンモアのとこがそうだったのかな?なんて、勝手な妄想ですがなんとなく。
きっとそのあたりもだんだん分かってくるよね。

「こんなに攻めてくるとは思わなかった」とは終わったばかりの友人の弁ですが
ほんと、攻めのライヴでした。
5年間、単発の弾き語りはたくさんあったけれど、こうやってきっちり一曲一曲をアレンジ含めて
仕上げてくるのはOKSTならではだと思います。
守りに入ってないかい?説が(内輪で)流れてたちょっと前を思うと夢のようです。
ああ、やっぱり「山崎まさよし」だわ。


5年前のOKSTは、ベスト版を出したあとだったから10周年のベスト的なライヴだったんだよね。
それはそれで見ごたえあったけれど、コア度ということからするとちょっと低かった。
03のOKSTは、私がたまたま行ったときがそうだっただけかもしれないけれど
とにかくくら~い構成で。笑
曲がどうのっていうだけではなくて、本人が音にこだわっていて会場がぴりぴりしてる気がした。
本人もほとんど座っていて。
緊張が伝わってきたというか・・・息するのもはばかられる、みたいな。
1つの会場行っただけの私見だけど。だからとても楽しかったんだけど、ちょっと疲れた。
99年と00年のアリーナは・・・なんだか勢いがすごくて、OKSTの中では一番感動した。初めてだったし。

今回のは、99年以来の感動、かな。
演奏がどうのとか厳しい目で見るといろいろあったんだろうけど(覚えてないし)
とにかく本人が楽しそうだった!お客さんのほうをよく見てくれたし。
海千山千いろんな時期を経てやっとこ15年培ってきたお客さんとの信頼関係のなせる技っていう気がした。

私のほうも、結婚して、その事実にもだんだん慣れてきて、指輪も気にならなかったし
気持ち的になんだかラクになった。うん、ラクになった。ラクになったぞー!
これから無駄な邪心を抱かず、もっと純粋に楽しめそうです。
スポンサーサイト

*Comment

No title 

すばらしい記憶力!これだけ詳細によく書いてくださいました。こちらにも感動です。。
福生の復習が出来、「感動よ再び!」です。

99年のOKST以来・・・には同感です。
私はあの時、沼津で初めて参加し「カルテ」を聞いてあまりのかっこよさに腰を抜かしました。(椅子に座ってたけれど)

今回のOKSTではあと何回参加できるかわからないけれど、福生の感動をそのまま大切に取っておきたいような気もしたりしています。
これから四月まで、ツアースケジュールとにらめっこで、夕食時に「あ~今ごろ何を歌ってるのかな~」と思いをめぐらす日々です。

レポありがとう! 

やっぱり、こうやって参加した人のレポ読みと
「ああ、行けばよかった…」
と後悔の念にかられます。
自分が断ったのですが…

まだ2回終わったばかりで来月までお休み。
この間に進化して2週間後にはどうなっているのか
期待が膨らむばかり。
ゆうさんみたいに過去と比較することは出来ないけど
初のOKSを楽しみたいなと思っていま~す。
  • posted by みち♪ 
  • URL 
  • 2010.11/24 09:21分 
  • [Edit]

sakiさん 

いえいえ、けっこうテキトーです・・・
一曲ずつ思い返すと記憶がよみがえったりするんですけど、私見も多いですし
特にMCは、なんとな~く読んでいただけば。^^

> 99年のOKST以来・・・には同感です。
> 私はあの時、沼津で初めて参加し「カルテ」を聞いてあまりのかっこよさに腰を抜かしました。(椅子に座ってたけれど)

最初に見たOKSというのは忘れられないものですね。
まったくのシロートから見てもこの人すごい、と分かるすごさでしたよね。
特にカルテは・・・
今回のリクエストにも少なからずのぼってるんじゃないかと思うんですが、抹殺かしら。。。^^;

小規模で、お客さんのノリも良かったから本人もとっても楽しそうでしたね~
4月まではライヴがある日は行く行かない別にして、にやにやワクワクできそうで嬉しいです。
  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2010.11/24 09:28分 
  • [Edit]

みち♪さん 

あ、ほんとだ、しばらくお休みなのね!
2週間後に行くの?あのね、今回のパンフは買いらしいよ(買ったけどまだ見てない私が言うのもなんですが)

この2週間で練習してさらに進化をとげるのかしら。
新しいセトリになってそうな予感も・・・。
ひとりだととにかく自由度が高くて声も出しやすそうで・・・
もうツアーはいつもいつもOKSでやっちまえばいいのに!!と思った。
どうしても再現できない曲もあるんだろうけれど、
バンドとひとりの比率を今の反対にしたらいいのにと思った。
とはいえ今や希少価値のOKS・・・
もちろん限界あるけど、行けるうちに行けるとこに参加しとこう!と思ってるよー

私の過去の記憶なんて、記憶というよりざっくりとした印象だけに
なってるからアテにならないけどね。その印象だって、参加したときの自分の気持ちにも大いに
左右されてるだろうし。
今回はね、とにかく楽しそうだった、彼が。笑
  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2010.11/24 09:39分 
  • [Edit]

No title 

ゆうさん、詳しいレポありがとう♪♪♪
読ませて頂きながら、すっごい妄想しちゃったよ~(笑)。楽しかったよ~♪
参加できるのがまだまだ先なのはちと悲しいところですが、
絶賛の素晴らしいライブだと知って嬉しいです!
ますます楽しみ~♪
  • posted by mami 
  • URL 
  • 2010.11/24 12:45分 
  • [Edit]

No title 

ネタバレ読めない~
読みたい~
どうしよう~
もう少しだけ我慢してみる・・・けど
読んじゃうかも
とにかく、楽しみだ~!
  • posted by ともぞう 
  • URL 
  • 2010.11/24 20:37分 
  • [Edit]

mamiさん 

あは、妄想、してして。
でもきっと現場は妄想をはるかに超えるよ~。
mamiさん来年だよね・・・まだ長いね~
そのときにはずいぶんとあれこれ変わってるかも?

なんだかんだ言っていつもライヴのあとには絶賛記事を書いてしまうので
あんまり信用できないかも・・・^^;
でも、純粋に楽しかったのよー。
  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2010.11/25 10:15分 
  • [Edit]

ともぞうさん 

あー気持ち分かるよ~。うん。
でもできるならもう少しだけ我慢してみて!
でもね、これ、ネタバレをいくら読んだからって楽しみが半減してしまうってことは
ないような気がするよ。
でも、まっさらな状態で行くのもまた楽しい。がんばってみてよ~やれるだけ。
  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2010.11/25 10:17分 
  • [Edit]

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆう

Author:ゆう

本日の名言

いつでも里親募集中

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。