ワタクシゴト。

好きなもの 思ったこと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きよしこ

きよしこ (新潮文庫)きよしこ (新潮文庫)
(2005/06)
重松 清

商品詳細を見る




少年は、ひとりぼっちだった。名前はきよし。どこにでもいる少年。転校生。言いたいことがいつも言えずに、悔しかった。思ったことを何でも話せる友だちが欲しかった。そんな友だちは夢の中の世界にしかいないことを知っていたけど。ある年の聖夜に出会ったふしぎな「きよしこ」は少年に言った。伝わるよ、きっと──。大切なことを言えなかったすべての人に捧げたい珠玉の少年小説。




吃音症をもった作者の少年時代の【自伝的】小説・・・だと思う。

この人の作品は感情描写がとってもリアル。細やか。
ほんものの心の動きが分かるというか・・・
人間の本質の、本当の見分け方をよく知っていると言うか。
人が善意と思っている行為に傷つけられ、悪意ともとれる行為に慰められ続けてきた人だから
こういう細やかな作品が書けるのかなとも思う。

一言で吃音症と言ってしまうけれど、
私が思い描く吃音は、症状の表面的なことでしかなくって。
しゃべりたいと思ったことがまとまった言葉としてするっと口にすることができる人にとって
それができない人の苦しみなんて、考えてみたこともなかった。
どれだけ恵まれた、すばらしい才能であるかということも気づかなかった。

ただ、重松氏は吃音というハンディを背負い、ずっと苦しんで生きてきたからこそ、
今、社会的弱者の心のひだをじんわりと温めるような作品を生み出すことができるのだろう。
本当に伝えたいことを伝える難しさと大切さ、というようなことが人一倍よく分かるのだろう。

どんなにマイナスに思えることも、マイナスなだけでは決してないっていう
この事実は救われます。


昔働いていた職場にもひとり、吃音の男の人がいた。
普段は普通なんだけど、特に電話で自分の名前を言う時に激しくつっかえた。
営業だったから、電話をかけることも多いんだけど
地声がとにかくデカイ人で・・・だからそれがフロア中に響いて。
私はとにかくそういうことには鈍いから、その時はなぜか全然考えなかった。
気の毒だなあともヘンなのとも考えなかった。一つの個性として受け入れてた。
彼が吃音であるということを頭の中で言語化しなかった。
気づかなかったというわけではないんだけど。
今となってはあの頃の私グッジョブと思う。
子供を育てるようになって、人を分類するクセがついてしまったかも。
恥ずかしいクセだな。

本人があっけらかんと明るかったこともあるかな・・・。面白い人だった。
○さん、どうしてるかな。
スポンサーサイト

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆう

Author:ゆう

本日の名言

いつでも里親募集中

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。