ワタクシゴト。

好きなもの 思ったこと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼓笛隊の襲来 三崎亜記

鼓笛隊の襲来鼓笛隊の襲来
(2008/03/20)
三崎 亜記

商品詳細を見る


戦後最大規模の鼓笛隊が襲い来る夜を、義母とすごすことになった園子の一家。避難もせず、防音スタジオも持たないが、果たして無事にのりきることができるのか―(「鼓笛隊の襲来」)。眩いほどに不安定で鮮やかな世界をみせつける、三崎マジック全9編。『となり町戦争』の著者、1年4ヶ月ぶり待望の新刊。



小説は最初の数行で読者を引き付けられるかどうかで勝敗が決まる、とも
言われるけれど、この人はそこらへんのとてもたけた方だなあと。

要するに単純に面白い。一行目が

赤道上に、戦後最大規模の鼓笛隊が発生した。

だよ。
で、迎え撃つのが岬の突端に突貫工事で作られた特設ステージで正装した1000人のオーケストラ。

くすくす笑いながら読み進めてると、その内容は存外に深くて社会風刺的な比喩でもあり、
ウィットに富み、はっと気づかされたり考えさせられたりと言う内容。
表題作は、恐怖の正体を問う作品。

日常に非常に”リアル”に非日常をするっと滑り込ませるのが真骨頂の作者の短編集。
そのほかにも空に浮く都市あり、覆面をかぶることを法的に許可された社会あり。
非現実ながら、読みやすい文体であっという間に読めてしまいました。

三崎さん、ほんと面白いなあ。
スポンサーサイト

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆう

Author:ゆう

本日の名言

いつでも里親募集中

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。